ハンクル アライブベイトS(エス) インプレ。新しいタイプの巻き物ルアーでした。

スポンサードリンク

 

もちろん、単純にレンジの違い、という要素もあります。

 

フローティングも気になってしまう…

フックは前後異型サイズ

 

BELLY : VANFOOK DT-45S #4
REAR : VANFOOK DT-45S #6

アフィリリンクは DT-45Bです。DT-45Sが見当たらなかった…

フックは前後異型サイズで、リアの方が小さいです。

VANFOOK(ヴァンフック)の「刃金トレブルフック」で、他の多くのHMKLルアーに標準装備されているフックのようですね。

ミノー、クランク用トレブルフック。超鋭敏なフックポイントを持ち、軽いコンタクトでもフックアップに持ち込める、フッキングの理想を極めたシリーズ

アイは二つ。

 

鼻先のアイはレンジをコントロールしやすく、ヘッドのアイは浮き上がりを抑えてレンジ(水深1~2m)をキープしやすい設計になっています。
シンキングミノーとしてお使いいただく場合は鼻先のアイを、バイブレーション感覚で水深1~2mをトレースしたい場合はヘッドのアイを、それぞれご使用ください。

アイは2つ用意されています。

シンキングミノーやスピナーベイトのような巻き物感覚で巻く時は、鼻先のアイが良い塩梅でした。

 

ヘッドのアイは同じ巻きスピードだとちょっと深場に潜る感じです。

バイブレーションっぽく使いたい場合はコチラですね。(公式のママですが…すいません。)

ちょっとした位置の違いですが、明確に使用感が2WAYで面白いです。

壊れにくいシリコンテールがGOOD

 

シリコン素材(軟質)のテール。キャストでぶつけても壊れないのが嬉しいですね。しかもスペアテール×1が付属しています。

まとめ

以上、ハンクルアライブベイトSについてでした。

バイブレーションやスピナーベイトに近い感覚の巻き物ルアーでして、とは言えそれらとは全く違う動きでアピールしてくれるルアーです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です