注目の釣り車!スズキ スペーシア ギアXZ 見積り。

スポンサードリンク

注目の釣り車、スズキ スペーシア ギアの見積をもらってきました。

ノーマルにもカスタムにもない独自のアウトドアテイストが、子育てパパの釣り車に超最適です。

 

注目の釣り車、スズキ スペーシア ギア

 

 

嫁車候補として、スズキから発売されたスペーシア ギアを見に行ってきました。(釣り車じゃないよ!)

スペーシアの標準車だと、所帯じみた感じは否めない…かといってカスタムのオラオラ顔も好きでない…

そんな悩めるアウトドアファミリーにベストアンサー!なギア。ハスラーよりちょっとぶさいくだけど、これはこれで味わいがあってイイ。

 

SUVな軽ハイトワゴン!という事ですが、標準車との違いは内外装のみで、車高やメカニズムはまったく一緒。

悪路を走れるとかは一切なく、あくまで「SUVルック」、「SUVテイスト」です。

まあそれでいいと思いますw実際釣り場までのルートは99%舗装路ですし、かわいいデザインで気分が上がればOK。

 

軽ハイトワゴンは夢の釣り車!?

 

 

軽ハイトワゴンは釣り車にも超ぴったりですよね。

 

驚くほど室内が広くて、特に天井が高いのでルーフに釣り竿積んでも圧迫感ゼロ、というのは大きなメリット。釣り具も大量に積めます。

シートアレンジによって車中泊も楽しめるし、燃費も良くて維持費も激安。ランニングコストを抑えた分釣り具を買えちゃう!

 

さすがにノンターボ仕様は、高速でやや辛いんじゃないか?と思われますが…

ターボ車なら車種によりますがクルーズコントロールなんかも付いてたりして、まさに無双な釣り車なんであります。

(だから、釣り車じゃないって。)

 

本当はジムニーが欲しいパパ。

本当は、パパ的にはジムニーが欲しいです。でも、2ドアで実用性に難あり…

ほかにもSUVな軽といえば、ハスラーを思い浮かべますよね。

しかしハスラーは先代ワゴンRベースで、モデル末期。今年FMCが予想されているこのタイミングで購入するのは微妙。

 

今回の主目的は、あくまで子育て世代の嫁車で、室内空間は広ければ広いほどイイので、やっぱり軽ハイトワゴンを中心に検討する事に。

(ジムニーはじじいになったら乗ろう♪)

スペーシア ギア HYBRID XZ(ターボ無し)の見積

 

早速スズキディーラーにて、まずはターボなしXZのお見積り。乗りだし200万オーバーという事で…高いw

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です