エレメンツダヴィンチ190湖上インプレ。ダヴィンチ190はオートマ車、ジョイクロはマニュアル車。

スポンサードリンク

話題のビッグベイト、エレメンツのダヴィンチ190。ちょっと泳がせてみたのでインプレです。

ダヴィンチ190はオートマ車、ジョイクロはマニュアル車だった?

代表的ビッグベイト、ジョインテッドクローとの比較で、魅惑の新アクションの最適解をシェアします。

エレメンツ ダヴィンチ190

スペック

Length: 7.5inch (190mm)
Weight 2oz (56g)
Color 6
Type Floating
Price 5500円(税別)

ビッグベイト界に彗星のごとく現れた、エレメンツ ダヴィンチ190。

 

「斜めジョイント機構」という全く新しい意匠。

美しく、そしてカッコよすぎるデザイン。エレメンツのオシャレ感やブランドのカッコよさも超魅力的です。

 

登場前からSNSで話題持ち切り!でしたね。ここまで話題になるのはルアー自体の強烈な魅力があってこそ!だと思います。

実際に私もその魅力に魅了されて購入してしまいました!

正直、ここまで心惹かれたルアーは最近無かったのでは?と思います。

 

そんなダヴィンチ190を泳がせてきたのでそのアクションを私なりに解説してみたいと思います。

二つのアイ

「ダヴィンチ190」は、公式解説にもある通り、二つのアイによるアクションの変化が魅力のひとつ。

それぞれハッキリと性格が変わります。

ツイストロールアクション

まずはボディ先端の「ツイストロールアイ」を試します。

その名の通り、斜めジョイントが生み出すツイスト(捻り)要素の混じったロールアクション。

 

タダ巻きで相当艶めかしい動き。

 

また、ビッグベイトらしく、トゥイッチ&ポーズやジャーキングで変化を付けてもいいと思います。

 

ただし一回のトゥイッチやジャーキングで泳ぐ距離は短めで、かなり鋭角に斜め下方向へ潜ります。

いわゆる「S字系」ビッグベイトよりも、動く方向、距離に制約があるようなイメージです。

 

ヴァイブレーションアイ

今度はボディ上部の「ヴァイブレーションアイ」のセッティングを試してみます。

タダ巻きで、ロールを伴った強烈なヴァイブレーションを発生。

 

「ツイストロールアイ」時よりも、速巻きにも対応します。

ただし、「ツイストロールアイ」よりも細かいアクションを付けるのは苦手です。

 

ブラインドでタダ巻き、のようにビッグヴァイブレーションプラグ的な使い方が良さそうです。

ツイストロールと全く質が違います。

 

潜行深度は1m程度なので、雄蛇ヶ池のつかじーさんもおっしゃっているように、ボトムに当てたいときはウェイトシールを張り付けてシンキングチューンを施す必要があります。

※追記

つかじーさんのウェイトシール張り付けは、狙いが違いました。

ダヴィンチ190を速巻きでボトムに突っ込ませてバイトを狙うとき(バスがボトムに追い詰めた感を演出する)、横方向へスライドして浮上してしまうという弱点を補うため、との事でした。

シンキングにしてしまうと、巻くとどんどん潜って根掛かり多発になりそうです。

ウェイトチューンは私の方でも実施してみたいと思います。

ジャーキング向け

ダヴィンチ190は、ジャーキングした際、短い移動距離で余韻の少ない動きをします。

同じ距離で、他のビッグベイトよりもジャーキングの回数を増やせて、かつ狙ったピンから外れないアクションを演出可能です。

テールの揺らぎ

ピタッと動きを止めた際、ジョイントされたテール部分が微妙な「揺らぎ」を起こしてくれます。

このテールのアクションがとても秀逸でバイト誘発してくれそうです。

スナップは付けましょう

超当たり前なんですがスナップは付けたほうがいい動きします。

写真で直結しちゃってるのがありますが、たまに忘れちゃうという無精っぷりを発揮しているだけです。

 

あえて、可動域を減らしているとかそういう高等テクではありませんw

明らかに直結よりスナップの方が動きが良いです!

ジョイクロと比較

 

代表的なビッグベイト、ジョインテッドクローとアクションを比べてみます。

全長が190mmと185mm、いずれも2ozと大きさが非常に似ているのです。

また、ジョイクロは投げた事のある方が多いはずなので、分かりやすいかな?という考えです。

 

ジョイクロは「マニュアル車」

自由度が高いアクションを実現する代わりに、タダ巻きだけだとその真価を発揮しにくいルアーです。

アングラー側で積極的にメリハリを付ける積極的な操作が求められます。

 

ダヴィンチ190は「オートマ車」

タダ巻きするだけで美しいツイストロールアクションを誰でも再現可能です。とても分かりやすくて、使いやすい。

 

ヴァイブレーションアイにするとなおさら「オートマティック」な傾向が強くなり、アングラー側の操作による自由度は低くなります。

もちろんダヴィンチもマニュアル操作は出来るのですが、ジョイクロほどの自由度は無いように感じました。

 

サイズ感は近い両者ですが、動きの質は全く異なります。ジョイントの角度や設計思想が全く違うので当たり前な話ではありますが…

タックル

 

タックルはHぐらいのロッドで十分投げれます。

私はいつものブラックレーベル+7011HRBで投げてみました。

特に不足感は無かったです。

 

ただし仮にモンスタークラスがかかったらちょっと不足感あるかもしれません。

それとハッキリとメリハリのあるアクションを付けたい場合はもう少し剛竿を使ったほうが良さそうです。

まとめ

全く新しいアクションで魅了してくれるダヴィンチ190。

使いこなしてビッグバスをGETしたいですね。まだ釣れていませんが偉そうにインプレしてみましたw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です