もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサードリンク

ベイトリールの厄介なトラブル、バックラッシュ。

バックラッシュを劇的に減らす方法をご紹介します。

バックラッシュとは

 

バックラッシュを減らす方法をお話する前に、なぜバックラッシュが起きてしまうのか、考えてみましょう。

バックラッシュとは、ベイトリールでキャストした際にスプールが過回転し、必要以上にラインが出てしまうことです。

なぜバックラッシュは起こるのか

キャストをして、いったん回り始めたスプールは、回転し続けようとします。

一方で、飛んでいくルアーは風の抵抗によって失速し、着水の際には止まります。

 

回り続けるスプールと、失速するルアーの速度に差が生まれ、起こります。

速度差を吸収してくれるブレーキ

 

その速度差を吸収するため、ブレーキシステムが装着されています。

最近のベイトリールのブレーキ性能は非常に優れており、着水時以外はほぼノーサミングでもキャスト出来るようになりました。

ブレーキシステムの進化によって、すでにかなりバックラッシュしにくくなっている、と言えます。

さらにバックラッシュしにくくしたい

 

しかし、出来ることなら、さらにバックラッシュしにくいリールが良いですよね(笑)

釣り場でバックラッシュを解く時間、とても勿体無いですし、ほんとイライラしますよね_:(´ཀ`」 ∠):

 

私も初心者の頃は常にバックラッシュを直していました。

特に、買ったばかりのリールで慣れていないとひどいですよね…

カスタムスプールに変えてみよう

 

さらにバックラッシュしないリールにするためには、純正よりも優れた回転性能を誇る、カスタムスプールへの交換がおすすめです。

 

「え、リールカスタムって、なんだか敷居が高いよ。」

そう思ったかもしれません。

 

でも初心者だからこそ、カスタムスプールで得られるメリットが大きいと思います。

 

なぜカスタムスプールでバックラッシュしにくくなるのか、解説いたします。

慣性の法則

 

軽いスプールに交換するメリットは、「慣性の法則」で説明できます。

高校の頃、物理学で習ったやつですね!

 

「動いているものは、そのままのスピードで動き続けようとし、止まっているものは、そのまま止まっていようとする」

という感じです。

 

で、リールのバックラッシュにどう関係するのでしょう。

慣性質量

それを説明するために、もう一つ、「慣性質量」という言葉が登場します。

「重いものほど、止まっていようとする慣性が大きく、動かしづらい」

というものです。

一方で、「重いものほど、いったん動き出すと止まりにくい」

という性質もあります。

純正スプールは速さが変化しにくい

つまり、重たい純正スプールは、「速さが変化しにくい」

これがバックラッシュの原因となります。

 

スプールを軽くすると、「速さが変化しやすい」状態になります。

ルアーが加速or失速した時、素早くスプールの回転が追いつくことで、バックラッシュしにくくなるのです。

ベイトフィネス寄りの特性に。

 

軽量でレスポンスに優れたスプールのおかげで、ベイトフィネスリール寄りの特性となります。

軽いルアーをキャストするわけではなくても、ベイトフィネス寄りにしてあげると、扱いやすくなります。

Avail社のスプールがおすすめ

私は、Avail社のカスタムスプールを使用しています。

Made In Japanの高品質なカスタムスプールを製造するカスタムリールメーカーです(^ ^)

まとめ

以上、バックラッシュしないですむ方法でした。

もちろん、絶対にバックラッシュしなくなるわけではありませんが、キャストがほんとに楽になります。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

カスタムスプールを見る

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です