もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサードリンク

ベイトリールの厄介なトラブル、バックラッシュ。

バックラッシュを劇的に減らす方法をご紹介します。

バックラッシュとは

 

バックラッシュを減らす方法をお話する前に、なぜバックラッシュが起きてしまうのか、考えてみましょう。

バックラッシュとは、ベイトリールでキャストした際にスプールが過回転し、必要以上にラインが出てしまうことです。

なぜバックラッシュは起こるのか

キャストをして、いったん回り始めたスプールは、回転し続けようとします。

一方で、飛んでいくルアーは風の抵抗によって失速し、着水の際には止まります。

 

回り続けるスプールと、失速するルアーの速度に差が生まれ、起こります。

速度差を吸収してくれるブレーキ

 

その速度差を吸収するため、ブレーキシステムが装着されています。

最近のベイトリールのブレーキ性能は非常に優れており、着水時以外はほぼノーサミングでもキャスト出来るようになりました。

ブレーキシステムの進化によって、すでにかなりバックラッシュしにくくなっている、と言えます。

さらにバックラッシュしにくくしたい

 

しかし、出来ることなら、さらにバックラッシュしにくいリールが良いですよね(笑)

釣り場でバックラッシュを解く時間、とても勿体無いですし、ほんとイライラしますよね_:(´ཀ`」 ∠):

 

私も初心者の頃は常にバックラッシュを直していました。

特に、買ったばかりのリールで慣れていないとひどいですよね…

カスタムスプールに変えてみよう

 

さらにバックラッシュしないリールにするためには、純正よりも優れた回転性能を誇る、カスタムスプールへの交換がおすすめです。

 

「え、リールカスタムって、なんだか敷居が高いよ。」

そう思ったかもしれません。

 

でも初心者だからこそ、カスタムスプールで得られるメリットが大きいと思います。

 

なぜカスタムスプールでバックラッシュしにくくなるのか、解説いたします。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です