[小さなオシャレ]アルファスCT SVのブレーキダイヤルスクリューを変えてみたぞ!

スポンサードリンク

アルファスCT SVのブレーキダイヤルスクリューを、ヘッジホッグスタジオのブレーキダイヤルスクリューに交換しました。

交換の効果と、手順をまとめます。

ダイワ ’19アルファスCT SVのブレーキダイヤルスクリュー交換

ブレーキダイヤルスクリュー 交換前

ブレーキダイヤルスクリュー 交換前

 
ブレーキダイヤルスクリュー 交換後

ブレーキダイヤルスクリュー 交換後

 

アルファスCT SVのブレーキダイヤルスクリューを、ヘッジホッグスタジオからリリースされているブレーキダイヤルスクリューに交換してみました。

 

ブレーキダイヤルスクリューは、このパーツのことですぜ。

ダイワリールにおいて、サイドプレートの固定をするパーツですな。

 

かけづかさんにご提供いただいたパーツです!

1円玉で回す

 

ダイワ純正のブレーキダイヤルスクリューは、溝が切ってあって、ちょうど1円玉が入るぐらいのスキマになっています。

なので、1円玉を使って緩めたり閉めたりすることが多いかと思います。

ダイワリールにおいて、サイドプレートを開けるために必要な作業です。

純正は溝が浅い

ただし、純正のブレーキダイヤルスクリューには一つ問題がありまして、溝がめっちゃ浅くて回しにくいんですよね。

なぜこんな浅いのだろうか…まあ別に回せない訳じゃないのですが、なんかちょっとしっくりこない。

というわけで、ヘッジホッグスタジオから、溝が深く切られたブレーキダイヤルスクリューが販売されています。

交換手順

 

1.一番のコツは、分解前にブレーキダイヤルをMAX側に設定しておくことです。

 

2.ブレーキをMAXに設定すると、ブレーキユニットに刻まれた溝の向きが一致しています。

これをそのままの状態にして、組み直しましょう。

 

ブレーキダイヤルスクリュー交換でもっとも気をつけたいのは、ブレーキ設定がずれてしまうことです。

それを防ぐために、MAX状態で作業します。ブレーキダイヤル側と、ブレーキ本体側が常にMAX状態になるように組んであげることで、ズレを防ぎます。

 

3.ブレーキユニットを分解していきます。ピンセットなどでパーツを拾っていくと、ブレーキユニットの真ん中にネジが見えます。

 

4.真ん中のネジを外すと、ブレーキユニットがサイドプレートから外れます。

ここのネジは、結構硬くて、精密ドライバーのトルクだと厳しいです。

柄の太い、ややトルクのあるマイナスドライバーで回しましょう。

 

5.ブレーキダイヤルスクリューのリテーナーを外します。次写真を見れば外し方がわかります。

 

6.リテーナーは、下から優しく撫でると外れます。

 

7.リテーナーを外すと、ブレーキダイヤルが外れました。

 

8.ブレーキダイヤルと、ブレーキダイヤルスクリューは、憎っくきEリング奴で固定されています。

(写真の右側の部品は、Eリングに覆いかぶさってるパーツです)

 

9.ここのEリング奴が最大の難関です。

しかし私は、最終兵器、TAMIYAのEリングセッターがあるので、楽勝でした。

 

10.ブレーキダイヤルを外したところをおもてから見た図。

ブレーキダイヤルの音を慣らすためのピンがあります。こいつの紛失も注意すべきポイントです。

 

あとは分解と逆の手順で組み付けていくだけです。

ブレーキダイヤルをMAXにして、ブレーキ本体は触らないようにしながら組み上げれば、ブレーキ設定がずれることはありません!

小さなオシャレ

 

アルファスCT SVのオレンジ成分がUPして、オシャレな感じに仕上がりました。

1円玉が立つ

 

1円玉が立ちます。純正は無理でした。

それだけ、回しやすくなります。

デメリット:取り付け難易度はやや高め

ぶっちゃけ、取り付けは簡単ではないと思います。

でも、丁寧にやれば大丈夫です!

まとめ

以上、アルファスCT SVのブレーキダイヤルスクリューについてでした。

サイドプレートを開けるときに、非常に便利になります。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です