リールディスプレイスタンドで美しくリールを保管しよう。〜ジュラルミン削り出しのリールが喜ぶスタンド〜

スポンサードリンク

ヘッジホッグスタジオ リールディスプレイスタンド

 

ヘッジホッグスタジオのリールディスプレイスタンドを導入しました。

おそらく、この製品がある事自体があまり知られていない?と思いますので、ご紹介させていただきます。

ステマ臭い感じですいません(笑)普通に一般消費者としてヘッジホッグスタジオから購入してご紹介している感じです。

概要

 

ジュラルミン削り出しのリールスタンドでして、単体でも存在感があります。ズシッと重たくリールを置いた時の安定感は抜群です。

これそのものがすでにカッコいい、というのがミソでしてとても気分が上がりますね。

 

ハイエンドリールを載せるとマジでカッコええ。

 

こんな感じで、左右に倒れないようにするためのパーツが付属。横のネジ穴にねじこんで使用します。

左ハンドルは左側に、右ハンドルは右側に付ける仕組み。

 

韓国製。MADE IN KOREAの表記はステッカーになっており、剥がす事が出来ます。

お気に入りリールの定位置に

 

リールと組み合わせる事で、釣り部屋をカッコよくしてくれる事は間違いないです。

増えてきたリールの収納にお困りの場合、導入してみてはいかがでしょうか。

リールのブツ撮りが最高に捗る

 

リールをブツ撮りする際にとても捗ります。 ある程度高さがあるのでハンドル位置が自由に決めれるのが嬉しいですね。

流石にオシアコンクエストのシングルハンドル(長さ60mm)は、一番下に位置した時に接地してしまいました。(ノブがデカイという事もあります。)

裏を返せば、一般的なバスフィッシング用のリールであれば、120mmクラスのロングハンドルまでイケちゃうという事ですな。純正ハンドルであればほぼ接地することはないでしょう。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です