シマノSLX MGLのカスタム構想。マットブラックとブルーアルマイトを活かすぜ!

スポンサードリンク

2019シマノからリリースされるNEWカマー、SLX MGL。

マットブラック塗装+ブルーアルマイトという事で、これまでのシマノリールに無い意匠です。

SLX MGLのカスタム構想を立てます。

シマノ SLX MGL

 
 

シマノSLX MGLを一言でまとめると、「HAGANEボディ+32mm径スプールで小型ルアーに特化したハイコスパリール!」ですが、それはどうでもよくて..(どうでも良いのか!?)

 

最大の美点というか、あえて声を大にして言いたいのは、デザインがとても可愛い。という事。

なので、黒×青のデザインを活かした、カスタムパーツをチョイスします。

SLX MGLの特徴

既にご存知だとは思いますが、一応どんなリールか、という事をまとめます。

同じ価格帯のカシータスMGLとの違いを見ると分かりやすいので、比較。

 

ブロガー的な事を言うと、スペック等で文字数を水増しすると、記事が検索に強くなるんですw

もう知ってるぜ、って方は読み飛ばしてください。

HAGANE BODY

HAGANEボディと呼ばれる、アルミ製の金属ボディを採用しています。

一方で、カシータスMGLは樹脂ボディ。ただし柔いと思いきや、必要にして十分です。

ちゃんとメーカーが強度計算して作っている、という事らしい。

とはいえ、金属ボディで剛性感たっぷり、と言われると、なんだか魅力的に思えてしまうのがリール剛性マンとしての性。

32mm径スプール

カシータスとの差別化なのか、スプール径がやや小さめな32mm径となります。

回りだしが軽やかになり、軽量ルアーへの適合がUP。

(一般的に、34mm径がもっとも汎用性が高いとされ、カシータス含め他の多くのシマノリールで採用。)

ラインキャパ余らない

ラインキャパは12lb-100m、70番サイズ。

カシータスMGLは、12lb-120m、100番サイズです。

房総リザーバー等で比較的軽めのルアーをびしばしキャストしたい向きにマッチング。

ラインキャパが余らず、キャストフィールヨシ!丁度いい塩梅です。

MGLスプール

カシータスにも搭載されている、MGLスプールが搭載。これは先行で販売されている、海外版のSLX MGLにはなかった装備。

もう説明不要ですが、穴あけブランキング加工で軽量化されたスプールです。

 

高価格帯リールの特権ではなく、普及帯のリールにもどんどん採用されています。

ラインキャパと併せ、国内バスフィッシングのリール用途にしっかり適合してきた感があります。

右ハンドルのみ 左ハンドル7月リリース! 

残念ながら、右ハンドルのみで、左ハンドルの販売予定は今のところ不明です。

カシータスMGLにはしっかりラインナップされているので、ここは大きなマイナスポイント。

→7月に左ハンドルリリースされるそうです。左ハンドル派狂喜乱舞!思ってたよりリリースが早い!

カスタム妄想

ちょっと前置きが長くなりましたが、本題のSLX MGLのカスタム構想です。

とはいっても、単に装着したいパーツの羅列ですし、まだ適合が分からないので、参考程度です。

お暇な方だけドウゾ。

ブルーアルマイトを活かす!

SLX MGL最大の特徴は、シマノリールでは珍しいブルーのアルマイトパーツ。これを最大限に生かしてカスタムしていきたい。

しかし一つ問題があり、リールカスタム界では、アルマイトがサファイアブルー(濃い青)と、スカイブルー(薄い青)が存在し、どちらがSLX MGLのブルーに近いのか、現状分かりかねます。

分かり次第追記しますが、やや曖昧にカスタムパーツを選定している事ご了承ください。

ハンドル

ハンドルはやはり、なんだかんだでアベイル謹製の魚沼産オフセットハンドル STi 2 & STi 2.5

カラーはブラックとガンメタで迷うところですが、ブラック&ブルーのコントラスト引き締め効果的を狙いブラックで。

↑全然関係ないアブリールですが、イメージ。引き締まった感じが出る。

うん、やっぱ青には黒だな。

あとはリテーナー、ロックボルト、ハンドルノブキャップのカラーがチョイス出来るのですが、どこまで青にするか。

もとよりのチープさを活かし、思いっきり青で遊ぶのもアリかと。

これもヤバめなマッチングを見せそうな、ZPIのシマノ用 オフセットハンドル 。

とはいえ、こちらはスカイブルーによるコーディネイトで、アルマイトの色味が合うかどうかが悩ましい。

合うとすればめっちゃカッコイイ。

ハンドルノブ

ハンドルノブでぱっと思いついたのが、Avail/アベイルのアクリル ハンドルノブのブルー、またはライトブルーの装着。

純正アルマイトのブルーを引き立ててくれて、間違いなくかわいい。よだれ出そう。

ブルーのノブ、あまり使ってる方見かけないのもイイ。

ヘッジホッグスタジオのジュラルミン ハンドルノブのブルーもめちゃ合いそうですね。

サファイアブルー(濃い方の青)と、スカイブルー(薄い方の青)どちらがよりSLX MGLのブルーに近いのか。

きっとヘッジホッグスタジオさんからアナウンスがあるので待ちます(*’▽’)

ジュラルミンビス

神は細部に宿る、ということで、ネジ類をジュラルミンビスにグレードUP。

ただ、現状これもカラーが分からんですw

なんとなくですが、サファイアブルー(薄い青)に近い色味のような気がしているのですが..

 

他、スタードラグや、レベルワインドキャップ、レベルワインドシャフトなんかも変えたいですが、まだ適合が分からない為掲載しません(;’∀’)

このへんも分かり次第整理します。

まとめ

以上、SLX MGLのカスタム妄想でした。

せめて買ってから記事にするべきですが、ネタ切れというヤツです。謎記事失礼しました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です