Avail オフセットハンドル STi 2.5 インプレ。素うどん系社外ハンドルは純正とどう違う?

スポンサードリンク

Availのシマノ用 オフセットハンドル STi 2.5(90mm)のインプレです。

美しいルックスとパワフルさを兼ね備えたハンドルでした。

めっちゃシンプルだけど、純正と何が違うのだろう。その疑問にお答えします。

Avail オフセットハンドル STi 2.5

 

【Avail/アベイル】★コンプリートセット★ シマノ用 オフセットハンドル STi 2 & STi 2.5

Avail社のカスタムハンドルを試しました。「STi 2.5」というモデルの、90㎜タイプです。

純正っぽいおとなしすぎる見た目

購入する前に思っていた事があります。

正直、あまりにも見た目が純正っぽいので、交換する意味があるのか。という点です。

詳しくない人が見たら、純正と見分けがつかない。(ここが最大のデメリットかも。)

ド派手なライバル、LIVRE

Availとは対照的なLIVREハンドル

 

金属製のカスタムハンドルを検討すると必ず候補に挙がる、LIVREのハンドル。

複雑な削り出し加工による独特の雰囲気は、これぞリールカスタム!感があふれ出ます。

純正と明らかに変わり、カッコイイ。

シンプルなのが、イイ。

シンプルだけど漂う高品質感

 

しかし、Availはその「シンプルさ」が最高なのです。

カスタム玄人が、「あえてカスタム感を出さない」という変態的な手法に使っています

リールのもっている本来のイメージを大きく損ねません。

派手なパーツが苦手

そして、派手なカスタムパーツが苦手、という方も案外多いでしょう。

 

「リールカスタムやってみたいけど、派手な社外ハンドルは苦手だな。やっぱ純正でイイや。」

なんて、悲観的にならないでください。

「さりげないカスタム感を主張する、Availのハンドルで楽しめるんだ!」

 

という訳で、シンプル派はもはやコレ一択。飽きずに長く使えます。

 

※私は、LIVRE製のド派手なカスタムハンドルも大好物ww

どちらも、甲乙つけがたい魅力に溢れていますね。

純正との比較

びふぉー(純正ハンドル)84mm

 

あふたー Avail オフセットハンドル STi2.5 90mm

 

純正との比較。

 

やはりシンプルですが、エッジの効いたデザインは、じわじわと漂う高級感があります。

日本人好みの、コンサバティブさ。

 

今まで満足していたはずの純正が不思議と野暮ったく見えてきませんか?

写真で見ても十分伝わりますが、本物を見るともっとカッコイイです。これぞAvailマジック!

メリット

 

「オフセット」という事で内側に曲げられた形状です。

ハンドル位置がよりボディ(重心)に近づき、リーリング時のブレを軽減します。

 

ちなみに、「曲げ加工」ではなく、金属の塊からこの形状を削り出して製造しています。

超々ジュラルミン製で、非常に硬く曲げ加工が難しいためです。

 

非常に強度が高い事の裏付けでもあり、カッチリとした高い剛性感を感じられます。

見た目だけでなく、使用感を向上してくれます。

シマノ用、アブ&ダイワ用専用設計

 

写真は、ダイワ・アブ用のオフセットハンドル STi 2 90mm のブラック。(借り物です)

シマノより、アブ&ダイワの方がハンドル軸が太いのですが、Availは両者を専用設計とし、穴の大きさを変えています。

 

スペーサーで両方対応するハンドルもありますが、やはりガタつきなどが起こらないのは専用設計で、いずれも完璧なフィッティング。

(両方に使い回し出来ないというデメリットでもありますが)

ダイワ用のハンドルノブが使える

 

出典:ヘッジホッグスタジオ

シマノ用、ダイワ用のハンドルノブ両方が使えるのも、Availハンドルの隠れたメリットの一つ。

 

どういうことかと言いますと、シマノのハンドルノブシャフトは根元に膨らみがあります。(写真左)

一方で、ダイワのハンドルノブシャフトは根元までストレート仕様。(写真右)

 

Availハンドルは、ダイワと同じストレート仕様。

シマノ用ハンドルノブを使う場合「根元の膨らみ」の代わりに、透明のカラーを噛ませフィッティングさせます。

 

つまり、メーカーミックスが気にならなければ、両社のハンドルノブが装着可能となります。

STi2.0とSTi2.5の違い

ちなみに、ヘッジホッグスタジオで見ると、STi 2 & STi 2.5という製品名となっていますが、STi 2.5は、ハンドルノブ軸の素材を変更したマイナーチェンジ版となっています。

STi 2.0がチタン合金(Ti64)製、STi 2.5が超々ジュラルミンとなっています。

自重も軽いぞ

バンタムMGL 純正84mm

 

Avail STi 2.5 90㎜

 

バンタムMGL PG純正84㎜から、Availの90㎜にロングハンドル化したのに、単体では軽くなっています。

ハンドル長にもよりますが、軽量化も可能という事。

 

ただしノブが重たくて、ハンドル組みトータルだと、28.9g。純正は24.6g。

純正ぽいけど確実にグレードUP。

見た目は地味だけど、純正よりも確実に良いです

Availハンドルは間違いないから早く買え!と、変に疑り深かった昔の自分をぶん殴りたい気持ちでいっぱいです。

カラーコーディネート

 
ハンドル本体 ガンメタ
ロックナット ガンメタ
リテーナー ブラック
ハンドルノブキャップ ガンメタ


ちなみに、カラーが結構いろいろ選べて悩ましいです。私のカラーコーディネート例です。

 

その他、Availのヘキサゴナルスタードラグのガンメタ、メカニカルブレーキキャップのブラックも装着。

ガンメタで統一しつつ、ポイントでブラックを入れて引き締めました。

 

それなりにカッコよく仕上がったと思うのですが、いかがでしょうか(*’▽’)

ハンドルノブは…?

・【Avail/アベイル】 EVA ハンドルノブ スリム

・【Avail/アベイル】 EVA ハンドルノブ R-type 

・【Avail/アベイル】 EVA ハンドルノブ A-type

ハンドルノブもシンプル路線のEVA製ノブ。太さ別に3種類。

太いAタイプにしましたが、スリムタイプも気になるぜ。

単品でも販売しており、安くて良品です。

使い心地やルックスは、「純正EVAノブ」みたいな感じ

メリット

・雨でも滑りにくい

・汚れ目立たない

・劣化しにくい

こちらもハンドルと同じく、派手さは無いですが、しっかりと仕事をしてくれる黒子系ノブです。

 

ただ先述したように、Aタイプはやや重いです。純正は約5.3g。

抑え目な価格設定。

周辺部品のコンプリートセットが1万2千円ちょっとで、他社製品に比べ比較的安いです。

ノブベアリング×4がサービス価格でお得感があり、セットを買う流れになっちゃうヤツ。

Availさん、商売上手ですw

 

ハンドル単体での販売もありますが、ハンドルナットすら別売りの中級者向け。

最初は、買い足すものが無いセット購入がおススメ。

Made In Niigata

Availは、新潟県南魚沼市に自社工場を構え、Made in Japanの高品質に拘っています。

実際、一切妥協なしの高品質なハンドルで、非常にコスパに優れたカスタムパーツだと感じます。

まとめ

以上、Avail社のハンドル&ハンドルノブについてでした。

熱いカスタム需要に、静かなルックスでしっかりと答えてくれるハンドルです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です