ベイトリールのスタードラグを変えるとどうなるのか。

スポンサードリンク

Avail ヘキサゴナルスタードラグの使用インプレです。

ベイトリールのスタードラグを交換すると、どのような効果があるのでしょうか。

カスタムパーツの中でも、比較的優先順位が低いと思われるパーツですが…

Avail ヘキサゴナルスタードラグ インプレ

  

Avail社のヘキサゴナルスタードラグを試してみました。

ハンドル、ハンドルノブ、クラッチ、スプールetc…と交換し、すっかりリールカスタムにハマっています。

あと変えてないのは、スタードラグぐらいだ。という事に気づき、ポチってみました。

 

ちなみに、純正はこんなルックスでした。

スタードラグを変えると、どんないい事があるのでしょうか。検証していきます。

スタードラグ交換の目的

 

目的は、主にドレスアップです(爆

もちろん、特に私のように手が小さい場合、操作性もかなり向上します。

 

バスプロがよくやってる、ロッドを持つ手の中指で、スタードラグを回して糸ふけを取る技。(ワンハンドフリップと呼びます)

純正のスタードラグだと指が届かず、とてもやりにくいのです。

重くなる

 

出典:ヘッジホッグスタジオ

まず大前提として、純正よりも重くなる、という事実。長くなったり、脚が増えるため、ある意味当然です。

感度や操作性のために、軽量化を推し進めたリール、主にベイトフィネスリールでは、交換は慎重になる必要があるかも。

とはいえ、数グラム程度ですが…

名作:ZPI ペンタグラムスタードラグ

 

少し話が変わりますが、スタードラグを語る上で欠かせない名作社外パーツ、ZPI社のペンタグラムスタードラグ

 

(左から純正、Avail、ZPI)

はっきりと長い脚が最大の特徴で、本当に操作しやすい。

ラインスラックを取る技が、もはやスタードラグで巻けるんじゃないかってぐらい、とても捗ります。

 

これだけはっきり効果があれば、たとえ重くなっても、交換するメリットがあります。

 

※余談ですが、ZPIはカスタムパーツメーカーから総合釣具メーカーへ業態転換しました。

カスタムパーツの製造はストップするらしい。名品が廃盤なのは、とても寂しいです…

菊元俊文氏愛用

 

ZPIのヘキサゴナルスタードラグは、エバーグリーンの菊元俊文プロが愛用している事で有名です。

ジグ撃ち用のリールに関しては、ほぼ必ずペンタグラムスタードラグを装着されています。

プロが認めるほどに、操作感に影響を与えるカスタムパーツという事でしょう。

Availのヘキサゴナルスタードラグはどうか。

 

話は戻って、Availのヘキサゴナルスタードラグです。バンタムMGLの場合、純正比で数ミリ長くなる程度。

ZPIのペンタグラムスタードラグの足長効果に比べると、少し物足りない感じもします。

しかし微差が大差で、純正より間違いなく操作しやすくなります。

メリット

長さ、面積が増える

 

少し長くなっていますね。

また、脚の側面、指が引っかかる箇所の面積が純正よりも増えており、これがかなり効きます。

6本脚

純正が5本脚なのに対し「ヘキサゴナル」で6本脚になり、より細かいピッチで操作可能。

素材の変更がもたらす使用感の変化

純正が樹脂、Availはジュラルミン製で、エッジが効いた操作感を得られます。

派手すぎない

また、Avail社のハンドルと同じく、純正然とした派手すぎないルックスが魅力。

純正を超えるかっこよさ

 

写真だと伝わりにくいのですが、明らかに純正を超える品質感です。

実際に手にとってみると分かると思うのですが純正が安っぽく感じます。

適合が幅広い

 

Availのスタードラグは極端に長い訳ではないので、いろんなパーツとの相性が良く、適合が幅広い。

ZPIのペンタグラムスタードラグは、合わせるハンドルによっては干渉します。

 

という訳で、Availヘキサゴナルスタードラグには、様々なメリットがあります。

「撃つ人」は、交換するべき。

ジグやテキサス、ヘビキャロといったワーミング、ジャークベイトなど素早くラインスラックをさばく釣り。

それらで、純正スタードラグの操作感が不満なら、交換すると劇的に釣りが変わります。

ヘッジホッグスタジオさんのスタードラグについての有益なブログ記事

ちなみに、ヘッジホッグスタジオさんのこちらの記事が、色々とスタードラグについて勉強になる超有益記事です。

交換予定の方は要チェックですd(^_^o)

単純明快!スタードラグ選択における3つのキモ 【シマノ・ベイトリール編】

余談

ちなみに、ネット上にはびこるコタツ記事ではなく、フィールドで実際に使用しており、適当なインプレではありません。

オーダーして後悔はない部品です。

まとめ

以上、ベイトリールのスタードラグ交換についてでした。

後手後手に回りがちなカスタムパーツですが、釣りのスタイルによっては優先度が高まるパーツです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です