なぜシマノリールをマグネットブレーキ化するのか。ダイワ買えばよくね?

スポンサードリンク

先日、バンタムMGLをAvailのパーツで、マグネットブレーキ化しました。

そんなにマグブレーキが好きなら、ダイワやアブガルシアのリールを買えばよくね?と思いますよね。

なぜシマノリールのブレーキをわざわざマグネット化するのでしょうか。

シマノは遠心ブレーキ、ダイワ(アブガルシア)はマグネットブレーキ。

 

ご存知の通り、シマノはSVSインフィニティと呼ばれる、遠心ブレーキを採用。(一部例外はあります)

 

一方で、ダイワとアブガルシアは、磁力を利用したマグネットブレーキを採用しています。

シマノリールのウリである遠心ブレーキ。

 

シマノのアイデンティティとも言える、遠心ブレーキ。

しかし、それを無情にも?マグネットブレーキに交換する、というカスタムパーツが存在します。

左)マイクロキャストスプール 右)マイクロキャストブレーキ

左)マイクロキャストスプール 右)マイクロキャストブレーキ

 

リールカスタムパーツメーカーのAvail[アベイル] からリリースされている、マイクロキャストスプールマイクロキャストブレーキの2つを買い揃えることで、マグネットブレーキ化が実現します。

なぜシマノリールをマグネット化するのか。

なぜ高額なカスタムパーツを購入してまで、シマノリールのマグネットブレーキ化にこだわっているのでしょうか。

一例としてバンタムMGLの場合、カスタムスプールが1万円、ブレーキユニットが3000円と正直、結構お高いです。

そんなにマグネットブレーキが好きなら、最初からダイワやアブガルシアのリールを買えば、カスタム不要で安上がりです。

 

軽量ルアーを扱う場合、マグネットブレーキが有利。

軽量ルアーを扱う場合には、マグネットブレーキが有利です。

 

SVS(遠心)ブレーキは、ブレーキユニットがスプールにくっついている構造です。

どうしてもスプールユニットの自重が重たくなり、軽量ルアーのキャストに不利になります。

(重たいと、回り出しに大きな力が必要になるためです)

アルデバランBFS XGのFTB(フィネスチューンブレーキシステム)

アルデバランBFS XGのFTB(フィネスチューンブレーキシステム)

 

シマノのベイトフィネスリール、アルデバランBFS XGが純正でマグネットブレーキを採用していることからも、SVSが軽量ルアーに弱いことがわかりますよね。

そのため、非ベイトフィネス機のシマノリールで10g以下の軽めのルアーを気持ちよく投げたい場合、必須のチューニングメニューなのです。

 

(例外として、19アンタレスの軽量ルアーに対する対応力は別格ですが(^_^;))

シマノが好き。特に巻き心地。

「ギアの噛み合う感覚の気持ちよさ」について、一日の長があるのは、シマノリールだと感じています。

(カッコつけた言い方してみましたが、要するに「巻き心地」です)

 

もちろん、ダイワリールも普通に良いですが、どこかあと一歩、シマノがリードしている(気がします。)

こんなこと言ってる奴に限って、目をつぶってリールを巻いたらどっちか言い当てられないと思いますが(笑

カスタム心をくすぐる

SVS→マグブレーキ化はカスタム心をくすぐるモディファイです。車で言う、エンジンスワップみたいなノリですね。

シマノリールなのに、マグネットブレーキなんだぜえ♪( ´▽`)っていうのがすごく楽しいんですよね。

Availパーツを購入して組み込んだだけではありますが..

SVSのフィーリングも好きです

矛盾するようですが、SVSのフィーリングが好きで、シマノリールを使っています。

それなりにルアーウェイトがあれば、抜けるような、失速感の少ないフィーリングが味わえます。

でも、フィネスな領域はどうしても苦手なんですよね。

まとめ

以上、なぜシマノリールをマグネットブレーキ化するのか。というお話でした。

一言でまとめると、「シマノリールの巻き心地と、マグの軽量ルアー対応力を同時に味わいたい。」という感じです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です