‘16アルデバランBFS 軽量化カスタム。すでに軽いけど更に軽くしたい。

スポンサードリンク

もともとめっちゃ軽い’16アルデバランBFSをさらに軽量化!してみました。

’16アルデバランBFS 軽量化カスタム

 

やっぱりベイトフィネスリールは、軽さって大事ですよね。

軽量なルアーを正確にキャストするため、手元の持ち重り感がない方が投げやすいです。

また、ネコリグなどのワーミングは感度が大事なので、やっぱり軽い方がいいっす。

手返しの良さを最大限に活かすことにも繋がりますよね。

’16アルデバランBFS、もともとかっこいい。

 

’16アルデバランBFSは、高価なハイエンドモデルです。

純正状態ですでに、上述したようなメリットを十分享受出来るレベルで、めっちゃ軽い。(カタログ値130g)

 

そして付いている純正パーツが、すでに割とカッコいいという、カスタムしづらさがあります。。

スタードラグとか普通にかっこいいな。

 

純正よりもカッコよくて、軽量に仕上がるカスタムパーツを探さなくてはなりません。

AvailオフセットハンドルLTの装備

 
 

というわけで、まずは、先日購入したAvailのオフセットハンドル LT(85mm)を装着しました。

純正よりも、軽量に仕上がっているためです。

 (純正より軽い社外パーツって意外と少なかったりします)

1.66gほど軽量化に成功!

(ビフォー) '16アルデバランBFS 純正自重

(ビフォー) ’16アルデバランBFS 純正自重

(アフター) '16アルデバランBFS +Avail オフセットハンドルLT自重

(アフター) ’16アルデバランBFS +Avail オフセットハンドルLT自重

 

…まあ、軽量化と言っても、ほんの1.66gということで、誤差の範囲かもしれませんが.. 

アルデバランBFSの純正ハンドルノブはかなり軽い

 

ハンドルノブは、純正が思いの外軽いので、純正をそのまま使用しました。

ちなみに、一例としてバンタムMGLのノブは5g以上あるので、アルデバランBFSの純正ノブはかなり軽く仕上がっています。

 

これをさらに純正よりも軽いノブに変えれば、130g切りも見えてくるはず…

めっちゃ軽いノブ、探しておきます。

スプール購入します

AvailからアルデバランBFS用の超軽量マイクロキャストカスタムスプールがリリースされていますので、購入予定です。

自重は驚きの4.9g!少し強度面が心配になるぐらい軽いですが..

・Microcast Spool 16ALD15R : 4.9g
・純正スプール : 7.7g

レボLTX-BF8+Availスプールとガチ比較します

先日、レボLTX-BF8+Availスプールの相性の良さを書かせていただきました。

じゃあアルデバランBFS+Availスプールと比較してみたらどうなのか、というところを検証する予定です。

 

正直、レボに浮気しかけましたが、やっぱりシマノリールで戦いたいという思いもあり…

アルデバランBFS+Availスプールなら、レボに匹敵するかも?と思った次第です。

 

検証次第、別記事にて追記いたします。

※追記

アルデバランBFSのAvailスプール16ALD15Rは、溝深さが超浅溝の1.5mmで、6lb-35m(フロロ)というラインキャパになります。

メインの用途は、エリアトラウトや渓流ベイトフィネス等を想定してるらしく…

バス用ベイトフィネスとして使用する場合、おそらくラインキャパや強度的に少し不向き。

だから、単純にレボとの比較は難しいカモです(^_^;)

まとめ

以上、アルデバランBFSの軽量化カスタムについてでした。

すでに軽いリールをさらに軽量化するのは非常に難しいっす!

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です