Avail[アベイル]アクリルノブ インプレ。シトラス感溢れるハンドルノブ。

スポンサードリンク

Avail社のアクリルハンドルノブを試しました。

ツルツルで滑りそう、と思いきや、適度な摩擦係数を持ったハンドルノブに仕上がっていました。

Avail アクリルハンドルノブ クリア

 

Avail[アベイル]のアクリル ハンドルノブ(クリアⅡ) のインプレです。

ベイトキャスティングフェチさんの記事を見ていて、清涼感溢れるルックスが素敵だなあ。と思っていたのです。

適度な摩擦係数

 

正直言って、触る前は、ツルツルで滑りやすいのではないか?と勘ぐっていました。

見た目だけのカスタムパーツなんじゃないか、と思っていたわけです。(失礼(^◇^;))

 

しかし実際に届いたアクリルノブは、適度なざらつきで摩擦係数を確保しており、表面がツルッツルじゃない

もちろん、全く滑らないワケではないですが、想像していたよりもグリップ感があります。

 

また形状もすっぽ抜けを軽減する感じでなかなか良さげ♫

Availさん、これはもっと宣伝して良いポイントだと思います。

純正よりも硬い素材で感度向上

純正よりも硬い素材なので、感度が向上します。

ゴロタエリアでクランクベイトをボトムノックさせるときなど、コリコリとした感触が指にしっかり伝わってきます。

シトラス感溢れるルックス

 

このAvail アクリル ハンドルノブの最大のメリットは、何と言ってもそのシトラス感溢れるルックスにあります。

いやあ、まじで可愛いですよ。

安っぽくない

 

それと、チープ感がウリのノブだと思っていたのですが、実際に届いて触ってみると、独特の風合いがあって、そんなに安っぽくない。

これも意外でした。

自重も軽く仕上がる

Avail アクリルハンドルノブ 自重

 
バンタムMGL 純正ハンドルノブ 自重

バンタムMGL 純正ハンドルノブ 自重

 

純正よりも軽量に仕上がるのもメリットです。(バンタムMGL純正ノブ比。ベアリング他、付属品無しで計測)

メカメカしい見た目が男心をくすぐる

 

シースルーなので、ボールベアリングやハンドルノブ軸がスケスケ。

メカメカしくて、男心をくすぐりますね。

ハンドルノブの不具合がすぐにわかる

 

それと、シースルーの副産物として、サビや水の侵入が簡単に分かります。

実は、雨の日に釣りをした後、ハンドルノブのベアリングが水浸しになってしまっていることが結構あります。

ゴロゴロしたり、不具合が発生した場合も原因がすぐにわかりますね。

バンタムMGL Avail仕様

 

気がついたら、Availパーツまみれになっていた我がバンタムMGL君。

手前味噌ながら、さりげないカスタム感が素敵です。

Avail オフセットハンドル STi 2.5 90mm 

Avail アクリル ハンドルノブ(クリアⅡ) 

Avail アルミノブキャップ ガンメタ

Avail ヘキサゴナルスタードラグ

Avail 09アルデバランMg、07メタニウムMg用 メカニカルブレーキキャップ 

ジュラルミンオフセットクラッチ 18バンタムMGL

デメリット

デメリットは、純正の平ノブに慣れている場合少し慣れるまで時間がかかること。

あとはお色味がわかりにくく、実際に買って見ないとわかりずらいところ。これは私が人柱になって他のカラーも試します。

まとめ

以上、Availのアクリルノブについてでした。

アクリルノブの透明感が、リールの持つ金属感にすごくよく似合います。

比較的プチプラですし、初めてのカスタムにもとてもおすすめ。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です