ZPI イナーシャカーボンハンドル インプレ。イナーシャ(慣性)は味わえるのか。

スポンサードリンク

名作のパワー系ハンドル&ハンドルノブ、ZPIのイナーシャカーボンハンドル。

名作らしい、癖のない使用感に仕上がっていました。

イナーシャ(慣性)は味わえるのか。インプレです。

ZPI イナーシャカーボンハンドル 92mm

 

総合釣り具メーカーに業態転換し、消えゆく運命にある、ZPIのカスタムパーツたち。

しかし、名作イナーシャ カーボンハンドルは味わっておきたく、在庫があるうちに購入してみました。

カラーはシルバー、長さは92㎜仕様。

 

XG(エクストラハイギア)仕様の’16メタニウムMGLへ装着。

純正ハンドルは96㎜で、4㎜ほどショート化になりますが、ほぼ純正と同じ感覚で扱えます。

癖のないさわやかなルックス

 

メタニウムMGLにすんなりと馴染む、癖のないルックスです。

カーボンのサイドプレートに誇らしげに記載された「ZPI」のロゴがそそります。

ハンドル本体はかなり厚みを持たせたカーボンです。

ストレート仕様

 

他社さんのハンドルとの大きな違いは、ストレート仕様という点です。

純正ハンドルでさえオフセットハンドルが主流となっている昨今では珍しい仕様。

ZPIペンタグラムスタードラグとの相性は抜群。

 

同社のカスタムパーツである、ペンタグラムスタードラグと、非常に美しいマッチング。

 

ペンタグラムスタードラグは足が長いのが特徴で、オフセットハンドルと組み合わせた際に、干渉して合わない事もあります。

その点、ストレート仕様のイナーシャカーボンハンドルについては心配要りません。

慣性とやらを味わう

 

最大の特徴は、イナーシャ(慣性)が働いて、リーリングを楽にしてくれる、という点。

 

独特の大き目なハンドルノブは当然ながら自重は純正よりも増えます。

しかし、「重さ」をあえて持たせることで、慣性(いったん回り続けた物体が、回り続けようとする作用)を最大化。

特にリールを巻き続ける巻きモノや、パワーを必要とするビッグベイトの釣りなどでその効果を発揮。

 

実際に回してみると、回り始めは重たいものの、確かに力強いリーリングが可能となっています。

特に、マグナムクランクなどの巻き抵抗が大きなルアーにおいて、顕著な違いが感じられます。

 

また、1/2oz以上の重たいジグの操作性も上がり、回収も楽です。

握りこみやすいハンドルノブ形状

 

ハンドルノブは、名作ハンドルらしく、癖のない握り心地です。

 

正直、大き目のハンドルノブは形状次第で好みが分かれることも多いです。

しかし、樽型グリップを採用したイナーシャカーボンハンドルのノブについては、好き嫌いが分かれにくいノブ形状だと感じました。

 

また、EVAの硬度、質感なども使いやすく、練りに練られた感じがします。

 

少し見にくいですが、ノブキャップには、「INERTIA」のロゴマークが入っています。

他のリールへの取り付け例

’16メタニウムMGL以外のリールにも取り付けてみました。

しかし、最終的にはメタニウムが一番似合っていると思うのですがいかがでしょうか。

’18バンタム MGL+イナーシャカーボンハンドル

'18バンタムMGL + ZPI イナーシャカーボンハンドル 92㎜

’18バンタムMGL + ZPI イナーシャカーボンハンドル 92㎜

 

’18バンタムMGLに取り付けてみた。男前バンタムMGLに良く似合うぜ!

’19スコーピオン MGL + イナーシャカーボンハンドル

’19スコーピオン MGL + ZPI イナーシャカーボンハンドル 92㎜

’19スコーピオン MGL + ZPI イナーシャカーボンハンドル 92㎜

 

スコーピオンレッド!な’19スコーピオンMGLにも装着。

レッドの方が似合うと思ったのですが、他のリールへのマッチングも考えてシルバーです(笑)

でも、悪くない。

’19SLX MGL + イナーシャカーボンハンドル

 

ハイコスパリール、SLX MGLにも装着。

ボディのマットブラックと、カーボンの相性がとても良いですね。

サトシンこと佐藤信治プロのプロデュース

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

“S-TITLE・Sinfini”発売開始です! 1年半前以上から、”DESGINO”を知ってしまった事から、正直全く考えてもなかった”自社ロッド”を作ろうと… “DESGINO”さんに無理言って、最初から新たなるシャフトを作ってもらってのテストテストで4機種がやっともやっとデビューに至りました。 “SCENE ACTION”63MTS(ソリッドティップ) “SCENE VERSATAIL”66M “SCENE CRANKING”73MH “SCENE MAGNUM”75H 7月4日発売開始!先ずは、 バックラッシュ セブンパームス ルアーアングル浜 エステート ルアーショップアンドウ BOO セントラル から… 宜しくお願い致します! #stitle #sinfiniロッド #サトシンブランド #desgino #神谷勇紀 #パワフル #シャープ #柔軟性 #矛盾 #スペシャルシャフト #sceneaction #sceneversatail #scenecranking #scenemagnum #バックラッシュ #エステート #セブンパームス #ルアーアングル浜 #ルアーショップアンドウ #boo #セントラル

佐藤信治さん(@satoshin310)がシェアした投稿 –

イナーシャカーボンハンドルは、琵琶湖凄腕プロガイド、サトシンこと佐藤信治プロのプロデュースによるものです。

佐藤信治プロのタックルにはほぼすべてイナーシャカーボンハンドルが装備されています。

ぜんぶイナーシャだと壮観ですね!カッコイイ。

デメリット

オフセット仕様→ストレート仕様による違和感

先述したように、純正ハンドルを含め多くのハンドルが、ノブがリール側に寄った「オフセット形状」です。

むしろストレートハンドルの方が少数派。

という訳で、オフセットハンドルの使用感に慣れきっていると、ハンドルノブが重心から遠くなるストレートハンドルは、少し違和感を感じる可能性があります。

個人的にはそれほど感じませんでしたが…

ハンドルロックナットゆるみ止めネジのネジ山がめちゃ弱い

ハンドルロックナットのゆるみ止め用に、ロックナットの横に小さなネジを装着する仕様です。

このネジ山が、カーボンのハンドルに直接切ってあるのですが、めちゃくちゃ弱く、ほんの少しオーバートルクを掛けるだけで、ナメってしまいました。

とはいえ、そんなに強い力掛けた覚えないのですが…

購入された方は、私と同じ轍を踏まないように、細心の注意を払って装着することを推奨します。

ただ幸いなことに、なぜか二つ穴があるので、もう片方の穴に装着しています。

ベアリングは別売り

ここが正直、一番のデメリット。ハンドルノブ軸のボールベアリングが別売りで、白いプラスティックカラーが標準装備。

リールカスタムはグレードアップしたいのがユーザーの要求です。

とすれば、ベアリング標準装備を求めたい..というのはわがままでしょうか?

メタニウムMGLなど上級機種であれば純正ノブから移植出来ますが、中級機種以下については別途購入せざるを得ません。

適合ベアリング

【ハンドルノブ専用ベアリング】 ECC-740ZZ ×4個セット 内径4mm×外径7mm×厚さ2.5mm

適合ベアリングです。安心の国産ベアリングになります。

※シマノ、ダイワ用です。アブガルシアには適合しません。

純正より重い

このハンドルの狙いどころを考慮すれば、デメリットにはならないですが、純正ハンドルよりも重たいです。

EVAノブのテカリ

EVAノブ全般に言えることですが、使い込んでいくうちに少しテカリが目立ちます。

廃版になります

販売元のOFFICE ZPIはリールやロッドを販売する総合釣り具メーカーへ業態転換し、カスタムパーツの製造はストップしました。

まだ在庫はありますが、パーツによっては欠品もちらほら出ているので、欲しい場合はお早めにどうぞ…

まとめ

以上、OFFICE ZPIのイナーシャカーボンハンドルについてでした。

巻き抵抗の大きなルアーを扱っていて、リーリングが辛い、という場合に適した選択肢となります。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です