リールカスタムして気が付いた、「純正部品」の凄さについて。

スポンサードリンク

いろんなリールカスタムをしましたが、純正部品が実は非常にポテンシャルが高いという話です。

リールカスタムをして分かったこと。

 

散々社外パーツを取り付けてみて、一つ感じたことがあります。

それは、純正部品が思いの外性能が高いということ。

 

リールカスタムしまくってるくせに、矛盾してる意見のように思えますよね。

もちろん、リールカスタムを否定する話ではないです。

カスタムパーツはうまく使うことで、純正よりも優れた使用感を得ることが出来ます。

 

だけど、あえて純正のままにするのも、リールカスタムの一つのメソッドとして、有効です。

純正部品が非常に優れている4つのポイント

汎用性が高い。

癖のない使用感で、繊細な釣りも、パワフルな釣りも対応できる、汎用性の高い作りです。

何かに特化しているわけではないので、中途半端とも言えますが…それを特化させていくのがリールカスタムですね(・∀・)

軽量である。

 

実は純正部品はかなり軽量に仕上がっています。

社外品のカスタムパーツは、純正より重たくなる場合が割と多い。

これは結構意外な事実でした。

バランスに優れる

例えば純正ハンドル長さにしてみても、リールとの相性を考え抜かれた上でチョイスされた長さになっています。

一つの製品として、非常にバランス感覚に優れ、違和感の少ない状態です。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です