~バスアングラーが相模湾にキハダマグロ釣り(エビング)に行ってみた~

スポンサードリンク

普段、ほぼバス釣りONLYなのですが、他の魚種にもチャレンジしてみると、色々得ることが多いというお話です。

初のオフショアジギングに挑戦!

 

今回挑戦してみたのは、相模湾のオフショアジギングで、狙いはキハダマグロです。

まあ結論から言うとデコった、と言うか全くカスリもしなかったのですが..

言い訳をすると、船中カツオ一本のみという、なかなかに厳しい日だったんです(汗

もちろん簡単に釣れるとは思っておらず、宝くじを当てに行くような感じで挑みましたが..

というわけで、単なる備忘録ですw

相模湾のキハダマグロ

キハダマグロは本来暖かい海流を好み、沖縄等でしかお目にかかれなかったのですが、ここ数年で相模湾に回遊するようになったそう。

一発出れば20kg30kgもざらという型の良さ、青物ならではの強烈な引き、そして何より「マグロ釣り」という豪快でキャッチーなイメージもあり、オフショアゲームにおいて人気のターゲットです。

茅ヶ崎 一俊丸さんから出船

 

神奈川県茅ヶ崎市の一俊丸さんから出船です。圏央道茅ヶ崎インターから5分ほどという好アクセス。

首都圏からのアクセスしやすさは、相模湾での釣りの大きな魅力の一つですね。

エビング釣法

 

出典:一俊丸

 

エビングと呼ばれる釣法で、200g300gのメタルジグとワームを直線テンビンと呼ばれるワイヤーで組み合わせた不思議なメソッドで狙います。

ジグで誘い出して、ワームで食わせる感じ。

ソルト界のGOD、村越正海氏考案のナウい釣り方らしいっす。

 

ジグをしゃくった後に、後追いでワームがふわふわとフォールする事で、バイトを誘発します。

このへんはちょっとバス釣りに通じるものがあるような感じもしますね(・∀・)

カツオのコマセ釣り師と同船

 

キハダと同じ海域に生息するカツオ狙いのコマセ釣りの釣り人と同船し、コマセに寄ってくるキハダ&カツオを喰わせのワームで狙います。

単純なジギングにスレてコマセしか喰わない魚も、ジグのまわりを漂うワームに思わず喰いつくという寸法です。

先頭4名がエビング、他はコマセという住み分けで、お祭りを防ぎます。

村越正海氏のセイカイブランドから仕掛けが販売

リグが少し複雑に感じますが、村越正海氏のブランド、セイカイコレクションからエビングセットが販売されており、これとムラジグさえ買ってくれば即リギングOKという優れもの。

リーダーとメインのPEラインの結束さえ出来ればOKというお手軽さ。

ワームはダイワから同じく村越正海氏監修のエビングスティック3.5インチを使用しました。

タックルは?

ダイワ(DAIWA) スピニング ソルティガ エビング 62HS 釣り竿

ダイワ(DAIWA) スピニング ソルティガ エビング 62HS 釣り竿

50,585円(10/24 09:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ソルティガ 4500

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ソルティガ 4500

79,622円(10/24 09:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

6号のPEラインが400m巻ける5000番程度のスピニングリールと、300g程度のジグを背負えるジギングロッドが必要です。

(ダイワのソルティガブランドから専用ロッドも販売されています。ハイエンドなのでお高いですが)

かなり大型で強いタックルとなるため、汎用性は高くなく、多魚種からの参入障壁はまあまあな感じです。

今回は、レンタルしました

 
 

釣り道具ラブなので、超悩んだのですが、年一回の釣りもののためにタックルを購入することに少し抵抗を感じまして

泣く泣くレンタルタックルで済ませました。

致し方ないところではありますが、超大味なOkumaの謎リールと、謎ロッドです。

当然ドラグもあまりよろしくない感じで、キハダが掛かったら取れるんだろうか笑

 

本気で狙いに行くのであれば、やはり自分のタックルで挑戦するのがベターだと感じました。

ストラディッククラスならばそんなに高いわけではないですし、今後もソルトフィッシングに挑戦するつもりなら購入して損はないはず。

 

来年はマイタックルで挑もうと思います。

高度なフィジカルが要求される

 

エビング釣法、と言うかオフショアジギング全般に言えることなのかもしれないですが、200gのジグを一日中しゃくるのは、ムキムキのマッチョマンじゃないとかなり厳しい。数分しゃくるだけで腕がパンパンになってしまいました。

その上、もしマグロが掛かった場合、おそらく半端ない引きに翻弄されることは間違い無いですよね。

しゃくり続けて疲労が溜まった状態で、ファイトしなくてはならないわけで

 

半端ないフィジカルが要求されるハードパンチャーな釣りでした

揺れもハンパない

また、相模湾内とはいえ、陸からは遠く離れた外洋に出るため、なかなかの揺れに襲われます

体が慣れていないと内臓を常にえぐられるような感覚で、インナーマッスルの充実度が快適に過ごすコツだと感じました。

普段から筋トレで体を作り込んで挑戦する必要がある、そんな釣りものです。

 

隣の船でマグロをかけていた方がいらっしゃったのですが、丸太のような腕をされていました。

もし近日中にエビングに行かれるご予定があれば、軽く筋トレしとくと効果的かと思われます(^.^)

バス釣りの魅力も再確認

船団は大迫力。

船団は大迫力。

 

誤解を恐れずにいうと、船長のスキルもかなり大きなウエイトを占めているのがオフショアの釣りです。

当たり前ですが、船によって立ち回りがかなり違い、その日の釣果に少なくない影響を及ぼします。

 

その点、バス釣りは場所選びから全てアングラー自身に決定権があるわけで、非常に自由度が高いところが改めて魅力であると感じます。

自分で釣った、という満足感がより大きいのではないでしょうか。

手軽にできる

また、ビッグベイトやマグナムクランクといった一部の高負荷な釣りを除けば、極端にフィジカルを要求されることがないという利点を改めて感じました。

まとめ

以上、相模湾でのキハダマグロ、エビング釣法にチャレンジしてみた話、でした。

多魚種での経験をフィードバックして、バス釣りがさらにうまくなりたいですね。

(強引にバス釣りに繋げるw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です