ZPI ペンタグラムスタードラグ インプレ。指が短くてワンハンドフリップが届かない場合に。

スポンサードリンク

名作、ZPIのペンタグラムスタードラグの使用感インプレです。

ラインスラックのコントロールが著しくやりやすくなります。

ZPI ペンタグラムスタードラグ

 

ZPI社のペンタグラムスタードラグを使っています。

装着したメタニウムMGLは、XG(エクストラハイギア)仕様。ロッドはH(ヘビー)アクションのジグ用ロッドです。

純正と比較

 

メタニウムMGLの純正スタードラグとの比較です。左が純正、右がペンタグラムスタードラグ。

150%のロング化で、かなり長い。

メタニウムMGL 純正スタードラグ 自重

 

ZPI ペンタグラムスタードラグ 自重

 

それでいて、純正よりも10%軽量化を果たし、約6g。

 

メタニウムMGLの純正スタードラグの素材はおそらくジュラルミン製で、意外と質感悪くないですw

余談ですが、バンタムMGL純正はなぜかプラスチック。約5.6gと軽いけど、かなり安っぽい。

撃つ釣りに最適

 

主な用途は、テキサスリグ、ラバージグ、ヘビーキャロライナリグなどです。

いずれも、ラインスラック(糸ふけ)を上手にコントロールする事が、釣果に繋がるリグです。

 

そこで、実施するのが、いわゆる「ワンハンドフリップ」と呼ばれるテクニック。

中指でスタードラグを弾いてラインスラックを取る事です。

足の長いペンタグラムスタードラグに変える事で、とてもやりやすくなります。

 

右手でパーミングし、親指でクラッチ操作し、中指でラインスラックを巻けるようになります。

純正だと届かないです( ;∀;)

 

一日撃ち続けて手が疲れてきたときなんかも、操作性の良さに、ありがたみが湧きます。

手が小さい方に

 

内側に5㎜回転方向に10度のオフセットを持つスタードラグは指掛かりの良さを生み出し、標準的な日本人の手のひらサイズでもイージースラックコントロールの世界をお楽しみ頂けます。

私のように、手が小さい場合、とても有効ですね。

操作の幅が大きく広がります。女性アングラー、ジュニアアングラーにも有効でしょう。

カッコイイカスタムタックルでモチベーションUP

 

自分でカスタムした、カッコイイリールで釣りをすれば、モチベーションが上がり、釣果UPも期待できます(笑)

デメリット

フリッピングの際に、ラインが引っかかりやすくなります。

 

カラーはガンメタにしたのですが、メタニウムのシルバーとは少し色味が違います。明るいシルバー系のお色味が選べると良かったですね。

 

また、製造元のOFFICE ZPI社は、カスタムパーツメーカーから、総合釣り具メーカーへの業態転換をしました。

それに伴い、既存のカスタムパーツは廃版になるので、今後新品での購入が難しくなります。

欲しい方は今のうちに購入しておくことをおススメいたします。

まとめ

以上、ZPIのペンタグラムスタードラグについてでした。

名作ならではの、実用性の高いカスタムパーツです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です