元祖沈み虫!スミス モッサはハイフロートの記載ながら「浮かない虫」でした。

スポンサードリンク

元祖沈み虫の異名を持つ、スミスのモッサ。

パッケージには高浮力マテリアル、と記載がありますが、実際のところどうなんでしょうか。

沈み虫ブームという事で、オールドスクールなモッサの実力をチェックしてきました。

スミス モッサ

 

スミスからリリースされている虫系ワーム、モッサです。1.8インチと2.2インチのラインナップ。

キャストしやすさを重視して2.2インチ。カラーは、目に優しいホワイトをチョイス。

高浮力マテリアル..

パッケージには、高浮力マテリアルとハッキリと記載されています。

また、メーカーHPを参照してみたのですが、こちらにも沈むという記載は一切ありません。

超ゆっくり沈む

 

実際使用してみると、確かに沈みました。ただし超ゆっくりなフォールスピードです。

特に大きいフックなどではなく、#1程度のガード付きマス針を使用しました。

たぶん、多くのアングラーがモッサを投げて、「沈むじゃん!」と思ったことでしょう。

元祖沈み虫

なるほど、やはり「元祖沈み虫」の異名を持つだけあります。

 

もう、これは開き直って「沈み虫」として使用したほうが幸せになれそうな予感がしました。

 

でもフォールスピードをネイルシンカーなどで微調整して使用するとよりベターな感じ。

それとも、この超スローフォールが効くという事なのか。

浮かせられる

ちなみに、別売りの「パフォーマンスベイト・フローティングヘッド」という浮くジグヘッドも販売されているようです。

こちらを合わせれば浮くのかも。

まとめ

以上、スミスのモッサでした。

長年販売されている名作虫系ワームという事で、独自の使用感を持っていました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です