ボトムアップ (Bottomup) ビーブル (Beeble) インプレ。レンジキープしやすいスピナーベイト。

スポンサードリンク

ボトムアップ (Bottomup) のビーブル (Beeble) を試してきました。

適度なバイブスと、レンジキープのしやすさが光る逸品です。

ボトムアップ (Bottomup) ビーブル (Beeble) インプレ

 

川村光大郎氏率いるBottomupからリリースされたビーブル。

TW(タンデムウィロー)、ナチュラル系のスモーキンシャッドをチョイスしてみました。スピナベサイトでは一番の実績を誇るカラーだそう。

 

アーム前方に取り付けられた金属板(ブレード?)が最大の特徴。メーカーではスプリッターと呼んでいます。

このブレードが水を受けて、スピナベなのに波動がある。という事で非常に気になります。

ゴチン!と出たビーブルポテポテバス。

 

遠征先の長野フィールドでビーブルで釣果をあげることが出来ました。ポテポテに太った40UPです。

 

興味深いのは、非常にナーバスで釣りにくいと言われている、産卵期のメスバスということです。

釣りにくい状態の魚さえも、騙せるチカラを持っている事がひしひしと伝わりました。1軍入り決定ですね(笑)

 

ちなみにワイヤーの変形もなく、頑丈さも持ち合わせています。

他のビーブルバス

 

相模湖でビーブルバス。ある程度使い込んだのですが、マジで釣獲力が高いスピナーベイトだと思います。

発売から日は浅いですが、noriesクリスタルSやエバーグリーンDゾーンに肩を並べる名作スピナーベイトですね。

ディティール

フッキング力向上のため、フックがほんの少し内向きになっています。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です