BOTTOM UP ヴァラップスイマーのサイトフィッシング。

スポンサードリンク

BOTTOM UPヴァラップスイマーのアクションはサイトフィッシングにとてもマッチしたものでした。

BOTTOM UP ヴァラップスイマー

 

BOTTOM UPヴァラップスイマーを入手しました。

「クワセ」というカラーなんですが、とても素敵なカラーリングです。

三島湖で、さっそく40UPを2本ゲットできました(*’▽’)

サイトフィッシングで使用しましたが、確かに、クワセ能力がとても高いという印象でした。

ドライブシャッドとの違いは?

 

光大郎氏プロデュースのO.S.Pドライブシャッドとの違い、というのが最も気になるところです。(写真はドライブシャッド4.5in)

正直言って、ドライブシャッドが名作すぎて、ヴァラップスイマーをリリースするにはいろんな障壁があった事と思います。(勝手な妄想)

が、それは全くの杞憂に終わりました。ヴァラップスイマーもイイ!です。

顔とか形状とか

 

お顔はどことなく、同門を感じさせる仕上がりで似ています。(左ヴァラップスイマー)

 

そして形状。ドライブシャッドは上部が平らで、腹が楕円形状。

対してヴァラップスイマーは正面からみておにぎりな三角形状です。(写真分かりにくくてすいませんw)

初めて見たとき、とても不思議な形状だと思いました。

これは「本物の小魚に近い縦長の形状」にした、との事。なるほど…

アクション

アクションは、詳しくはBOTTOMUPの記事を参照していただければと思いますが…

ボディ全体を大きく振るタイプではなく、テール部分がハイピッチでプルプルします。

とはいえ、ボディも微弱なロールを伴っていますが、あくまで主役はテール部分、といった感じ。

ポイントは、スレにくく、派手すぎない、という部分にあると思います。

4.2インチという絶妙なサイズ感

また、4.2インチというサイズ感が絶妙です。

MHタックルでもキャスト性能を犠牲にせず、かつ喰わせ性能の上がる大きさ。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です