バンタム MGL Avail浅溝スプール+マグネットブレーキ仕様 インプレ。気持ちいいバンタムの決定版。

スポンサードリンク

バンタムMGLのAvail浅溝スプール+Avail マグネットブレーキユニット仕様を試しました。

キャストフィールに悩むバンタムユーザーの、ベストアンサーとなるのか?

その使用感をシェアします。

バンタムMGL Avail 浅溝スプール+Avail マイクロキャストブレーキ (マグネットブレーキ) ユニット

 

バンタムMGLのAvail浅溝スプール+Avail マイクロキャストブレーキ 18BTM(マグネットブレーキユニット)仕様をかけづかさんにお借りして、試させていただきました。(PE2号+フロロ14lbリーダー)

 

現状、Availから2種類の浅溝スプールがリリースされており、いずれも純正の遠心ブレーキユニットを移植して使用する方式です。

深溝タイプ:Avail 18バンタムMGL用 マイクロキャストカスタムスプール【18BTM58RI】 

浅溝タイプAvail 18バンタムMGL用 マイクロキャストカスタムスプール【18BTM36RI】 

 

これらのマイクロキャストスプールに対応する、マグブレーキユニットが販売される話を小耳にはさんでいました。

結局いつになるのか、とやきもきしてたのですが、ついに、2019年8月中の発売予定です。

追記

マイクロキャストブレーキ 18BTM、ついにリリースされました!!!

バンタムMGLのウィークポイントを超改善

 

バンタムMGL最大のウィークポイントは、150番サイズの太糸を前提とした深溝スプールで、キャストフィールがあまり良くないこと。

それ以外は非常に素晴らしいリールなだけに、メタニウムMGL並みのキャストフィールを求め、カスタムスプールを搭載している方も多いと思われます。

 

最もポピュラーな方法は、夢屋 浅溝スプールの装着。

もしくは、前述したAvail製浅溝スプールの装着です。

私のバンタムMGL

私も、「キャストフィールが優れたバンタムMGL」を作り出すべく、アベイルスプールの深溝【18BTM58RI】 を使用。

 

メタニウムMGL並みのラインキャパに変わり、スプールレスポンスが向上。

ただ、キャストフィールは明らかに向上するものの、「劇的なまでの変化」ではありません。

 

さらにレスポンスを高めるには、ブレーキユニットをスプールから分離できる、マグネットブレーキ化するのが有効な手立て。

(ご存知の通り、SVSブレーキはスプールに重たいブレーキユニットが付きます)

 

という訳で、バンタムMGLをとろけるキャストフィールに変えるマグネットブレーキユニットの販売が待ち望まれていました。

性格がガラッと変わる

遠心ブレーキからマグネットブレーキへ、ブレーキの種類が変わることにより、当たり前の話ですが、リールの性格はガラッと変わります。

もはや違うリールに生まれ変わったと言っても過言ではないです。

ベイトフィネス並みのスプールレスポンス

ベイトフィネスリール並みのスプールレスポンスになります。

’19アンタレスはもちろん、FTB(シマノ純正マグブレーキ)を搭載した’16アルデバランBFS以上だと感じました。

ネコリグも楽勝でかっとぶ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー