バンタム MGL Avail浅溝スプール+マグネットブレーキ仕様 インプレ。気持ちいいバンタムの決定版。

スポンサードリンク

バンタムMGLのAvail浅溝スプール+Avail マグネットブレーキユニット仕様を試しました。

キャストフィールに悩むバンタムユーザーの、ベストアンサーとなるのか?

その使用感をシェアします。

バンタムMGL Avail 浅溝スプール+Avail マイクロキャストブレーキ (マグネットブレーキ) ユニット

 

バンタムMGLのAvail浅溝スプール+Avail マイクロキャストブレーキ 18BTM(マグネットブレーキユニット)仕様をかけづかさんにお借りして、試させていただきました。(PE2号+フロロ14lbリーダー)

 

現状、Availから2種類の浅溝スプールがリリースされており、いずれも純正の遠心ブレーキユニットを移植して使用する方式です。

深溝タイプ:Avail 18バンタムMGL用 マイクロキャストカスタムスプール【18BTM58RI】 

浅溝タイプAvail 18バンタムMGL用 マイクロキャストカスタムスプール【18BTM36RI】 

 

これらのマイクロキャストスプールに対応する、マグブレーキユニットが販売される話を小耳にはさんでいました。

結局いつになるのか、とやきもきしてたのですが、ついに、2019年8月中の発売予定です。

追記

マイクロキャストブレーキ 18BTM、ついにリリースされました!!!

バンタムMGLのウィークポイントを超改善

 

バンタムMGL最大のウィークポイントは、150番サイズの太糸を前提とした深溝スプールで、キャストフィールがあまり良くないこと。

それ以外は非常に素晴らしいリールなだけに、メタニウムMGL並みのキャストフィールを求め、カスタムスプールを搭載している方も多いと思われます。

 

最もポピュラーな方法は、夢屋 浅溝スプールの装着。

もしくは、前述したAvail製浅溝スプールの装着です。

私のバンタムMGL

私も、「キャストフィールが優れたバンタムMGL」を作り出すべく、アベイルスプールの深溝【18BTM58RI】 を使用。

 

メタニウムMGL並みのラインキャパに変わり、スプールレスポンスが向上。

ただ、キャストフィールは明らかに向上するものの、「劇的なまでの変化」ではありません。

 

さらにレスポンスを高めるには、ブレーキユニットをスプールから分離できる、マグネットブレーキ化するのが有効な手立て。

(ご存知の通り、SVSブレーキはスプールに重たいブレーキユニットが付きます)

 

という訳で、バンタムMGLをとろけるキャストフィールに変えるマグネットブレーキユニットの販売が待ち望まれていました。

性格がガラッと変わる

遠心ブレーキからマグネットブレーキへ、ブレーキの種類が変わることにより、当たり前の話ですが、リールの性格はガラッと変わります。

もはや違うリールに生まれ変わったと言っても過言ではないです。

ベイトフィネス並みのスプールレスポンス

ベイトフィネスリール並みのスプールレスポンスになります。

’19アンタレスはもちろん、FTB(シマノ純正マグブレーキ)を搭載した’16アルデバランBFS以上だと感じました。

ネコリグも楽勝でかっとぶ

 

まずは、お手並み拝見という事で、一誠のポッパーワーム3.3インチを投げてみます。(9g)

これはもはや楽勝なレベル。

 

続いて、ブレーバー5.7インチ(約5.2g)の1.8gネコリグ。

なんとか投げれる、というレベルではなく、ばっちり適合する、というレベルでキャスト可能。めちゃくちゃ気持ちいい。

 

いずれも純正だとかなり厳しいウェイトです。

もっといろいろ投げるべきですが、とりあえず参考までに。

ちなみに、かなりレスポンスが良いので、もう少し軽いウェイトも投げれるはず。

スプールを浅溝化するなら、浅い方がおススメ

もしバンタムMGLのスプール浅溝化を検討されているなら、私は深溝(18BTM58RI) を購入しましたが、浅溝(18BTM36RI) がおススメです。

効果がよりはっきりと感じられるからです。

 

フロロカーボン14lbを50mほど巻けるという事なので、ボート釣行でしたらなんら問題ないラインキャパシティです。PEならなおさら問題なし。

オカッパリだと少し厳しいケースもありますが。

デメリット

カスタム費用はかなりかかる

正直言って、リール本体代金を含めるとカスタム費用は非常に高額になります。

まだブレーキユニットの価格は分かりませんが、’19アンタレスを買ったほうが良くね?という話にもなりかねません。

参考までに、カルコン用のAvailのマイクロキャストブレーキ Microcast Brake ALD15 は税抜き3000円です。(スプールは税抜き1万円)

しかしマグブレーキユニットならではのレスポンス感は唯一無二のフィーリングです。

細かい作業が苦手だと厳しい

マグブレーキユニットへの交換作業は、さほど難しくはない、と聞いていますが、細かい作業が苦手だとちょっと苦痛かも。

ベストな使用用途の模索

 

さて、極上なフィーリングに仕上がったバンタムMGLですが、どう使うのがベストなのか、ちょっと難しい話かもしれません。

でも、サンプル機のようにラインはPE2号+フロロ14lbリーダーを合わせれば、かなり幅広い用途に使えます。

 

例えば、メタニウムMGLを14lbフロロでM~MHクラスのロッドに合わせ、バーサタイルに使っているタックルに合わせられる。

軽い方のルアー適合が非常に幅広くなるというイメージ。

ネコリグを余裕で投げれてしまうので、場合によってはベイトフィネスタックルを減らすことが出来ます。

 

その他、カルコンBFSのように剛性感のあるリールでライトプラッギングしたい、といった用途もガッツリ適合するはず。

まとめ

以上、バンタムMGLのAvail浅溝スプール+マグネットブレーキユニット仕様についてでした。

バンタムMGLのもっさりフィーリングを、別次元に昇華してくれるカスタムパーツです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー