RAID JAPAN ダッジ インプレ。レアではなくなったのか。

スポンサードリンク

RAID JAPAN ダッジのインプレです。普通に釣具屋で買えてしまいました。

レアなだけじゃない、非常に良く出来た羽根モノルアーでした。

RAID JAPAN ダッジ インプレ

 

SPEC

Name RAID JAPAN DODGE
Length 114.0mm  
weight 1oz. Class  
Price  3,500yen (税抜き)

入手しやすくなったダッジ

「最も著名なレアルアー」としてその名を馳せているダッジ。

普通に釣具屋に行っても、お目にかかる事はまずありません。レアなモノほど欲しくなる、という消費者の心理がくすぐられます。

 

意図的なのか、それとも単に人気があり過ぎて、即完売しているのか。真相は定かではありませんが、入手しにくい事には間違いありません。

 

私も欲しいとは思いつつ、転売価格で購入するのはやっぱり悔しい。

普通に釣具屋で買えないなら別にイイや、ぐらいに思っていました。(ホントはめっちゃ欲しいw)

もう、レアではないのか。

ところが、ここ1年ぐらいでダッジのレア度が少し下がったように思います。

出荷直後に釣具屋に行くと、普通に買えるという噂をちらほら耳にします。

 

でも、多くの釣具屋で、当日に売り切れており、潤沢に在庫があるという訳ではありません。

しかしつい先日、ふらっとキャスティングに行くと、ついにダッジを発見。

 

…数年越しの思いを募らせたダッジ、そりゃ、買っちゃいますよね。

ちょっとしてやられた感もありつつ、ややレア度が落ちたダッジをウキウキ気分で連れて帰ったのでした。

 

手に入りやすくなった理由としては、さすがに数年続いたブームが落ち着き、欲しい人の手に十分行き渡ったのでしょう。

買えたのは嬉しいのですが、レアではなくなったのは少し残念、という複雑な気分です。

ディティール

 

ベイトフィッシュライクな細身のシルエット。

1ozクラスと重たすぎず、M~MHクラスのロッドでも無理なく投げれるのが嬉しい。

’デカ羽根モノ’ではなく、’羽根モノ’と呼ぶべきサイズ感です。

 

羽根の取り付け部。

ネジ2本、取付金具、ヒートン、羽根、という比較的シンプルな構成。

ヒートンを回すことで羽根の開き角度の調整が可能です。ただ、特別チューニングしなくてもよさげです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です