【東京・弁慶バス釣り】パックロッドで楽しむ電車釣行のすゝめ

スポンサードリンク

東京赤坂見附にある弁慶堀で、電車釣行を楽しんできました。

パックロッドと少しのルアーを抱えて、アーバンアウトドアフィッシングを楽しんでみませんか。

電車釣行in弁慶フィッシングクラブ

 

ちょっと普段とは趣向を変えて、電車で赤坂見附にある弁慶堀に行ってきました。

皇居のお堀でバスフィッシングが楽しめる、異次元空間です。

幻の「都バス」を夢見て、奮闘してきました。

ブロガーミーティング

 

何故、電車で弁慶堀に行くことになったのかというと、ブロガー数名で集まる用事があったためです。

この日集まったブロガーさん。

ツリラクさん

ナナブンノニブログ みかんさん

かけづかさん

basstsurimatsuri SIMOSAKANAさんが夜から合流

皆様のアクセスを考慮し、弁慶堀に集合する流れとなった次第です。

弁慶の特徴

 

弁慶フィッシングクラブは、大量のウィードが最大の特徴です。ここに潜むバスの攻略が、最大のキーとなる気がします。

しかし、ウィードポケットにテキサスリグやネコリグを投げ込むだけでは、簡単に反応してくれませんでした。

アタリすらないという仕打ちww

都心の一等地という事で、インテリジェンスなバスが多いんですな。(謎)

今日の荷物

みかん氏にいただいたハンドメイドクランク

みかん氏にいただいたハンドメイドクランク

 

電車釣行という事で、コンパクトな仕舞寸法のパックロッドと、軽いデイバックに収まる程度のルアーでの釣行となります。

また、弁慶フィッシングクラブでは、ボートに動力源を取り付ける事はなく、手漕ぎスタイル。

そのため、非常にミニマルでシンプルな釣行スタイルとなります。

 

準備後片づけが非常に楽で、とてもお手軽です。

 

反面、限られたタックル数や、動力源の無い手漕ぎボートの操船などで、独特のテクニックが要求されるフィールドです。

普段の荷物(;’∀’)

 

普段は房総リザーバーなどでレンタルボートフィッシングを嗜んでいます。

マイエレキやハイデッキ、タックルも数十タックルを持ち込み、重厚長大になりがち。

楽しいのですが、荷物の多さが負担になる事もしばしば。

電車釣行のシンプル極まりないスタイルに、非常に魅力を感じました。

仕事の合間にも

 

都心に位置する弁慶堀フィッシングクラブ。お仕事の合間にも、気軽に竿を出せてしまいますね。

サラリーマンやOLが行きかう弁慶橋を横目に、バスフィッシングを楽しむという背徳感がたまりません。

パックロッド:ジェットスロー×ツララ ジェットセッター61C

 

今回活躍したパックロッドは、ジェットスロー×ツララ ジェットセッター 61C。

4ピースで仕舞寸法は50センチと可搬性に優れ、電車釣行に最適。

 

パワー表記はMですが、肉厚系でややスローテーパー気味のブランクスは、2.7gのネコリグから、1.5ozのダッジまで投げれる高い汎用性が魅力。

弁慶堀のウィードにも負けず、45クラスでも難なく寄せれるパワー感もあります

(非常に良い竿なのですが、生産数が少なく入手しにくいのが難点。)

 

一本でいろいろ出来るロッドという意味で、電車釣行に非常に適したロッドでした。

61Cは見つからないので、少し強めの63Cのリンク張っておきます(‘ω’)

まとめ

 

以上、都心のオアシス、弁慶堀での電車釣行についてでした。

手軽なスタイルで、バスフィッシングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

前回の弁慶釣行

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー