DEX チョッポ インプレ。浮くバズベイトの有用性。

スポンサードリンク

DEX チョッポ105のインプレです。

タダ巻くだけで、ジョボジョボとノイジーで気持ちいいサウンドを奏でてくれます。

DEX チョッポ105

 

DEXからリリースされている、チョッポ105のインプレです。

巻くだけでテール部分が激しく回転し、サウンドや飛沫でバスを誘う、シングルウィングプロップベイトです。

リバーツーシー ホッパープロッパー

リバーツーシーのホッパープロッパーが、元ネタ?的な感じです。

実は、ホッパープロッパー、ひとつ持っているのですが、130㎜のかなりデカいヤツで、ちょっと尻込みしてたんですよね。

 

それと、元々マスキーパイク用のルアーという事で、フックサイズも極太で、ちょっとこれじゃ刺さりが悪そう、という塩梅。

フック変えて、投げようと思っていたのですが、ついつい敬遠しちゃってた…

 

でも、ちょっと投げてみたところ、アクションの質はかなりヤバめなので、一回り、もしくは二回りぐらい小さいヤツ欲しいなあ。なんて思ってたのです。

そこで、手に入りやすいチョッポに白羽の矢が立った、という訳です。

非常に心地よいスプラッシュサウンド

 

ほんとに、タダ巻くだけで魅惑のスプラッシュサウンドを奏でます。

バズベイトとは違い、金属音はないのですが、生み出すポップ音はかなりノイジー。

めっちゃいい音です。

新利根バスゲット

新利根川で投げてみたら、下からバスが猛烈に突き上げてきました。

この日はとても荒れた天気で、濁りもきつかったのですが、独特のポップサウンドで呼び寄せられたような感じがしました。

奥さんや彼女にもイイ

しかもそれが、特別なテクニックを全く必要としないところにこのルアーの強みがあると思います。

奥さんや彼女を釣りに連れて行って、投げてもらうルアーとしてすごく秀逸です。

サイズどうしよう。

DEXチョッポには、90㎜、105㎜、120㎜の3種類ラインナップがあります。

凄く迷いましたが、キャスタビリティを損わない程度にコンパクトな105㎜はかなり使いやすかったですよ。

MHクラスのロッドでキャストしました。

ウィークポイント

着水即バイトはバズベイトに歩があり

個人的には、バズベイトに非常に似たルアーだと思います。

しかし、着水後、即リトリーブ開始したときの「着水バイト」はバズベイトの方が起こしやすいように思います。

チョッポは、着水後、少し沈むので、浮くのを待ってから巻き始めるのですが、そのため、着水後即巻きバイトが演出出来ません。

 

いやいや、むしろバズベイトが着水後に沈むじゃん?って思いますよね。

でも実は、バズベイトは着水前、もしくは着水とほぼ同時に巻き始める事で、沈まずに即リトリーブを開始できます。

そのレスポンスの良さはバズベイトに分があります。(しかも、着水バイトがめっちゃ多い)

フックがやや大味

フックがやや大味な感じのモノが付いています。と、言いつつ、釣れた時はなんら問題なかったのですが…

好きな高級フックに変えてあげるとより安心出来そうな感じです。

私は、イチカワフィッシングのRCカマキリに換装したいと思います。

まとめ

以上、DEXチョッポのインプレでした。

DEXルアーはお安いのも魅力ですね。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です