’19SLX MGLインプレ。非ヤングアングラーにも使ってほしいゴキゲンキャストフィール。

スポンサードリンク

シマノ ’19SLX MGLのインプレです。

正直、価格なりの作りも見られますが、上手な力の抜き加減でした。

肝心のキャストフィールは価格以上の、バランスに優れたリールです。

シマノ ’19SLX MGL インプレ

シマノ SLX MGL 71XG インプレ

シマノ SLX MGL 71XG

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥15,015 (2021/12/06 19:05:16時点 Amazon調べ-詳細)
 

SPEC

モデル 19 SLX 71XG LEFT
ギア比 8.2:1
スプール径 32mm
最大巻上長 82cm
ライン
キャパシティ
12lb-100m(70番)
リール重量 195g
ハンドル長 84mm

 

シマノ ’19SLX MGLのインプレです。

左ハンドル7月リリース! 

 

2019年7月に左ハンドルがリリースされ、待ち望んでいたアングラーも多いハズ。

私のSLX MGLは、LEFTハンドル、71XG(エクストラハイギア)仕様。

コスパ最強!?

コスパ最強で、とてもいいリールだ、と言うもっぱらの噂ですよね。

名だたるプロが複数台導入した、と言う話も聞きます。

 

とはいえ、流石に実売1万6千円ぐらいですから、コストダウンポイントもあるはずです。

その辺り、ぶっちゃけどうなの?と言うところをご紹介します。

合わせたロッド:JetSlow×TULALA JetSetter 61C

JetSlow×TULALA JetSetter 61C

JetSlow×TULALA JetSetter 61C

 

ロッドは、ジェットスロウ × ツララ ジェットセッター 61Cに載せました。4ピースのパックロッドですが、Mパワーの、かなり普通のバスロッドっぽいロッドです。

14lbフロロで、いわゆる「バーサタイル」的な感覚で使用しました。

キャストフィールがとにかく良い

シマノ SLX MGL 71XG キャストフィール

シマノ SLX MGL 71XG

 

キャストフィールは4点!

キャストフィールは、間違いなく価格以上で、噂通りのかなりゴキゲンフィーリング。

5点満点で、4点ぐらい。(メタニウムMGL4.5点、’19アンタレス5点。)

気持ちよさは極上ではないものの、軽やかな回り出しや、軽量ルアーへの対応力は非常に高レベル。

32㎜径スプールの恩恵

左:SLX MGLの32㎜径スプール 右:'16メタニウムMGLの34㎜径スプール

左:SLX MGLの32㎜径スプール 右:’16メタニウムMGLの34㎜径スプール

  

やや小さめな32mm径のMGLスプールが影響していると思われます。(34mm径がもっとも汎用性が高いと言われている)

7gぐらいのルアーも気持ち良く投げれますし、ライトバーサタイルっぷりはかなりの次元。

大きいルアーを扱っても大丈夫

1oz程度のルアーを投げてみても、スプールが過回転して扱いにくい、なんて事がないのも素晴らしい。

少し小さめのスプール径のリールはそう言った印象を抱くこともあったりしますが、SLX MGLについてはその心配はありません。

秀逸なブレーキユニットのおかげ?

これは、白いブレーキシューの新型SVS Infinityの効果も高いのだと感じます。

ブロック4つONのまま、外部ダイヤルのみで、非常に幅広いルアーウェイトに対応可能です。

スプール自重を計測

シマノ SLX MGL 71XG スプール自重
 

スプールの自重です。13gと非常に軽量です。

他のMGLスプールの自重まとめです。

SLX MGL スプール自重(ライン付き)

SLX MGL スプール自重

 

14lbラインをスプールエッジ2㎜ほど残して巻いた状態の自重。めっちゃ軽い。

同条件で計測すると以下のような数値になりました。

’19 SLX MGL 22.2g
’16 カシータスMGL 23.1g
’16 メタニウムMGL 25.5g

少なめなラインキャパ(12lb-100m、70番サイズ)と32㎜径の小型スプールが効いてます。

ラインをフルに巻いた状態のスプール自重が軽く仕上がり、キャストフィールに優れます。

(参考値のメタニウムMGLはサイレントチューンのため、スプール軸にベアリングが装備され、その分重い)

HAGANE BODYの剛性感も上々

SLX MGL HAGANEボディ

SLX MGL HAGANEボディ

 

アルミ製のHAGANEボディの剛性感も上々です。(両側サイドプレートは樹脂。)同価格帯の’16カシータスMGLより確実に良くなっています。

もちろん、カルコンやバンタムには負けますが、この価格から考えると非常に素晴らしい。

値段相応な部分もある

シマノ SLX MGL 71XG コストダウンポイント

 

ただし、やはり値段相応な部分もあります。

投げて、触って、全体的な印象は、高額なベイトリールにはかないません。

X-SHIP非搭載

シマノ SLX MGL 71XG X-SHIP非搭載
 

X-SHIP非搭載と言うことで、ピニオンギア終端のベアリングが無かったりします。

(下の穴っす。X-SHIP搭載機のスコーピオンMGLとの比較。)

スプール軸のベアリングレス

シマノ SLX MGL 71XG スプールベアリング無し
 

また、サイレントチューンも非搭載なので、スプール軸のベアリングもありません。

非マイクロモジュールギア

シマノ SLX MGL 71XG 非マイクロモジュールギア
 

マイクロモジュールギアではない、普通のギアを搭載。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です