’14カルカッタコンクエストのB側の構造はアルミ+プラスチックでした。

スポンサードリンク

’14カルカッタコンクエストのB側スプール軸受は弱いのか?

仔細に観察して検証します。

 

’14カルカッタコンクエストのB側

以前のコンクエストのインプレ記事でB側のスプール軸受の構造体がプラスチックという記述をしましたが、アルミ製でした。

コアなシマノファンの方にご指摘を受けて発覚いたしました。大変失礼致しました。

一部プラスチック

 

出典:シマノ

スプール軸受部分は複数パーツで構成されております。

大きく分けてアルミ製のスプール軸受(88番)と、アルミボディとのマウント部品(94番)に分けられるのですが、後者が樹脂製、となります。

旧SVSはダイレクト

旧SVSはどうなっているかというと、ボディに金属製のフタを直接ねじ込む方式です。(写真はメタマグですが…旧コンクエストも同じ方式)

直感的にはこちらの方が金属to金属なので剛性は高そうなイメージです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です