【房総リザーバー】バックウォーターでのサイトフィッシングのやり方。

スポンサードリンク

亀山ダム、片倉ダム等の房総リザーバーは、細くうねったバックウォーターでのサイトフィッシングが醍醐味の一つです。

でも、釣り方が分からない…私もそうでした。

でも、通っているうちにちょっとだけ見えた、コツのようなモノをシェアします。

 

基本

まずはバックウォーターでのサイトフィッシングの基本から。

スピニングタックルを使用します。ノーシンカーが投げやすければなんでも良いです。

ルアーは小型のシャッド系ノーシンカーか、ストレートワームのノーシンカーワッキー。虫ワームでもイイですね。

それとあわせ、ベイトフィネスタックル+ネコリグを用意します。

コツ

上流へキャストする

当たり前かもしれませんが、可能な限り上流に向かって投げます。前に投げるという事です。

狭くプレッシャーがかかりやすいバックウォーターでは、(自分が)まだ通っていないところに投げるという事がなにより大事です。

フレッシュなうちに行く

 

誰も行っていないうちに上がります。いつも一等賞を目指しています。

狭いバックウォーターでは、すれ違いや追い越し時は必ず声かけするようにしています(‘ω’)

上がれるとこまで上がる

思わず躊躇するようなゴミだまり、激浅でエレキがつっかえる、倒木が行く手を阻む、などバックウォーターにはトラップがたくさん。

第一条件として安全確保さえ出来るならば、可能な限り上へ進んでいます!

 

ゴミが酷ければバックで突っ込むのがおススメ。

浅いところは、エレキマウントにペットボトルを挟んだり、いっそエレキをあげてオールで一寸法師スタイルで。

倒木はくぐる!

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です