50upを求めて 春の豊英ダムへバス釣りに行ってきた

スポンサードリンク

2016年4月23日に豊英ダムへバス釣りに行ってまいりました。

春の豊英ダムで良型GET!?

その様子をまとめたいと思います。

春の豊英ダムでバス釣り

解禁されたばかりのタイミングで豊英ダムへバス釣りに行ってまいりました。

これまでフローターやアルミボートの方は釣りをされていたとはいえ、少数派でしょうからフィッシングプレッシャーは低めだと思います。

レンタルボートヴァージンレイクということでいやがうえにも、期待が高まります。

午前中はまず上流へ。

少しエレキのスピードを上げて、巻物やジグ打ちなどでスピーディに食い気の有る魚を探していきます。

安心フィッシュGET

豊英ダム ブラックバス

豊英ダム ブラックバス

 

         
まずは連れがジグでGET。

豊英ダム ブラックバス

豊英ダム ブラックバス

 

トレーラーはゲーリーヤマモトのダブルテールグラブ。

その後すぐに私にも安心フィッシュが釣れてくれました。フリックシェイク4.8インチのジグヘッドワッキーで。

ライトリグを投げていればとりあえずデコる心配はなさそうな豊英ダム。

やはりヴァージンレイクということもあってか魚の反応はとても素直です。

これでデコの心配はなくなったので安心してその後の釣りに望めます。

沈黙の時間帯

豊英ダム バス釣り

豊英ダム バス釣り

 

その後は反応が無くなった上流を見切り、本湖方面を流していくことにしました。

しかし午後10時から13時ぐらいはいつもそうですが、あまり反応が無く釣れ渋る時間帯が続きました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です