シマノ ’19ヴァンキッシュC2000SSSインプレ。「質感より軽量化」なレーシングスペック。

スポンサードリンク

シマノ ’19ヴァンキッシュC2000SSS インプレ

シマノ '19ヴァンキッシュ インプレ
 
シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SSS

シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SSS

43,890円(09/30 04:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

シマノの’19ヴァンキッシュC2000SSSのインプレです。バスやエリアトラウトに半年ほど使い込みました。

多分、最高だろうなと思っていましたが、やはり素晴らしかった。

SPEC

シマノ '19ヴァンキッシュ SPEC
 
モデル 19 Vanquish C2000SSS
ギア比 5:1
スプール寸法(径mm/
ストロークmm)
43/13.5
実用ドラグ力 2kg
最大ドラグ力 3kg
最大巻上長 69cm
ライン
キャパシティ

ナイロン 2-115、2.5-100、3-70

フロロ 2-90、2.5-80、3-65

PE 0.3-140、0.4-100、0.6-80

リール重量 145g
ハンドル長 40mm
ベアリング
ボール/ローラー
11/1 

C2000SSSという番手は、C2000Sのシャロースプール仕様。2.5lbクラスをメインに据えたエリアトラウトやアジング向けのスペシャルモデルです。

写真は、3lbラインを65mほど巻きつけた状態。バス用として使ってラインキャパが不足する場合は、C2000Sの純正スプールに交換する事も可能です。

 

ノーマルギア(5.1:1)のモデルを選んだ理由としては、ヴァンキッシュは巻きの軽さを重視した「クイックレスポンスシリーズ」の最高峰モデルなので、それを最大限に味わえるモデルだからです。

スプール・ローター・ボディの組み合わせ

スプール互換 1000番
ローター 1000番
ボディ 1000番

という構成になっています。番手は「2000番」なのですが全て1000番台の大きさです。

’19ヴァンキッシュ+夢屋カスタムスプール1000N2010

’19ヴァンキッシュ + 夢屋カスタムスプール1000N2010
 

バスとエリアトラウトに兼用するため、夢屋からリリースされている夢屋カスタムスプール1000N2010を購入しました。

 

純正ナイロン2lb-115m→夢屋2lb-100mと、さらにラインキャパが少ないスペシャルな浅溝スプールですが、バス釣りでも4lbラインまでなら普通に使えます。

いちいちラインを巻き替える必要が無くなり、見た目もチューンドリールな感じになっておすすめです。(色合いはヴァンキッシュにイマイチ合わないですが…)

 

また、ボールベアリングが内蔵されたスプールとなっていますのでドラグ性能も純正同様で、実用ドラグ力も2kgと純正と同じ。

ただしスプール外径が43mm→40mmと少し小さくなりますので最大巻き取り長さは少しだけ減ります。

ディティール

ハンドル

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ハンドル
 

軽量さが際立つ、CI4+(炭素繊維を織り込んだ樹脂)素材のハンドル。C2000SSSのハンドル長は40mm。

 

炭素繊維(カーボン)の折り目がマーブル調となっておりとてもカッコいいですね。

 

さらに0.1g単位の軽量化のための「チタン製ハンドル軸」を採用。’16ヴァンキッシュでも同様のCI4+製ハンドルが装備されていましたが、チタン製ハンドル軸は’19で初採用。

チタン製ハンドル軸は全シマノリール中ヴァンキッシュのみの装備となっており、軽量化への執念のようなモノを感じられます。また、チタンは耐食性が高くソルトフィッシングでの錆び防止にも非常に効果的です。

ハンドルノブ

純正ハンドルノブは「夢屋 ハンドルノブ I SS」。ステラやヴァンキッシュの小型番手のみで味わえるスペシャルなハンドルノブです。

さらに、ハンドルノブキャップも高級感のある仕上げ(金属製)。

ローター、ベール

 

ローター、ベールです。ローターはMGLローター。巻き始めの軽さを追求したクイックレスポンスシリーズなのでCI4+製です。

非常に軽やかな巻き感を味わうことが出来ます。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ライン巻き込み防止機構
 

また、ローター上部(写真真ん中)には、シルバーの傘のようなパーツが装着されています。

これはおそらく、ライン巻き込みを防ぐ意匠だと思われ、’16ヴァンキッシュにはなかった装備。

 

ベールは軽量なチタン製でステラとヴァンキッシュだけの装備です。そしてアルマイトカラーがブラックなのがカッコいい。

ベールを返した図。作動感はヌルッとしておりそこそこの高級感。バネの硬さが適切で操作しやすいですね。

スプール

 

スプールの切削加工は、斜め基調から縦に。あまり派手すぎずカッコいいデザインですね。糸巻き部分はシルバーのアルマイトです。

ドラグノブ

 

ドラグノブは樹脂製。(シマノスピニングリールのドラグノブはステラが金属製ですがあとは全て樹脂製になります。)

シンプル路線なデザイン。シルバーメッキとツヤありの黒い塗装のツートンですね。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ベール、ドラグノブ、ローターなど
 

’16ヴァンキッシュと比較。’16の方が派手めなデザインでした。好みが分かれるところですが私は’19の方が好きですね。

とにかく黒い。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ MGLローター スプール
 

全て黒でまとめられて、マックロクロスケなんであります。また、硬派なラメ無し塗装も印象的。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ
 

うーん、黒いぞ。黒いリール好きにはたまらん感じ。どんなロッドにも合わせやすいというメリットもありますね。

自重

シマノ ‘19ヴァンキッシュ 自重
 

自重は、実測でこのぐらい。カタログ値で145gなので、巻きつけたライン分を考慮すれば、ほぼカタログ通りの数値ですね。

 

スプールの自重です。

 

ローターの自重です。

 

ハンドルの自重です。

半プラボディについて

 

‘19ヴァンキッシュはいわゆる「半プラボディ」を採用しています。リールフットから繋がるこちら側のボディ素材はマグネシウム。

 

一方でこちら側のボディの蓋が「CI4+(炭素繊維を混ぜた樹脂素材)」製となっています。

旧’16ヴァンキッシュは両方ともマグネシウム製でしたので、コストダウンでは?剛性が下がるのでは?などと話題になりました。

ただ、’16ヴァンキッシュは軽さを重視したリールですし、実際半プラ化によって自重が軽くなっています。そのため必ずしもマイナス要素ではない、というのが私の見解です。

さらに、ある程度使い込んだ結果、’16ヴァンキッシュと比べて剛性感が劣るような印象はなかったですね。

 

ちなみに、’20ツインパワーも同じ設計思想ですね。ただし’20ツインパワーの場合は半分アルミ、半分CI4+となっています。

インプレ

軽いだけじゃない

シマノ ‘19ヴァンキッシュ バス釣り
 

単に軽いだけじゃなくて、しっかりと剛性感もあるのがすごいところです。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ エリアトラウト
 

津久井湖でバス君たちと戯れたり、エリアトラウトでマス君たちと戯れたりしましたが、ブレやたわみといった感触がほぼ皆無です。

軽さはあらゆる面で有利

 

145gと極めて軽量なリールですが、リールの軽さはいろんなメリットを生み出してくれます。

“軽量なヴァンキッシュのメリット”
  • 感度が良い
  • 軽量ロッドに合う
  • ワンハンドキャストしやすい
  • 振り抜きスピードが上がって飛距離UP
  • フッキングスピードUP
  • シェイクしやすい
  • 疲労感少ない

もちろん軽ければ軽いほど良い、というものではないですが、90g以下のULクラスのロッドに合わせるとめちゃくちゃ相性が良いですね。

ドラグがウルトラスムーズネス

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ドラグ ボールベアリング
 

やっぱりスプール支え部分にボールベアリングが入った上位機種のドラグはよいです。ドラグが出始める時の引っかかり感の少なさが素晴らしいですね。

3lb、2.5lbといった細糸でも全く不安感がありません。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ディープダウンショット
 

例えば、真冬の片倉ダムでディープDS(ダウンショット)ゲームをしたのですが、3lb以下のライトラインを使用していても不安感が圧倒的に少ないです。

ドラグ力設定さえ間違えなければ、ドラグ性能に起因するラインブレイクはほぼ無いですね。

 

写真は津久井湖で釣れた40cm、950g。この時は4lbラインでしたのでそれほどシビアなドラグワークが要求される訳では無かったのですが、それでもやはり滑り出しがスムーズで安心感が高いですね。

さらに、ドラグ音も上質な感じで気持ちいいです。

 

相模湖での40cm、1080g。餌を良く食ってるプリプリの健康体で、かなり何度も突っ込まれたのですが良質なドラグが仕事してくれました。

この日はきつい濁りが入っていて、水中はほとんど見えないという状況。つまり、魚がどれぐらい突っ込むか目視で確認できない状態でのファイトでした。スリリングでしたが、ヴァンキッシュならではの「ドラグ性能に起因するバラしは無いだろう。」という安心感を持って挑むことが出来ます。

1日釣りをしてもバイトを得る回数は限られていますよね。せっかく数少ないバイトを得たのだからしっかりと仕事をするハイエンドモデルで対峙したい。だからヴァンキッシュを選んでいます。

巻き心地はしっとり、ヌメヌメ

シマノ ‘19ヴァンキッシュ 巻き心地
 

先日、’19ストラディックC2000HGSの巻き心地も十分以上に素晴らしいとお伝えしましたが、やはりヴァンキッシュはワンランク上な気がしました。

スプーンを巻く時のゆっくり巻きでも、回収時の高速巻きでも、いずれも素晴らしい巻き心地。いや、めっちゃ気持ちいいです。

あまりにスムーズネスな巻き心地は、「ギアの存在がない」ような感覚さえあります。

流石にステラと比べると多少ノイズ感がありますが、それでも「軽さと巻き心地の高い次元での両立」という意味ではかなりハイレベルな仕上がりだと思います。

巻いて。止めて。が最高

シマノ ‘19ヴァンキッシュ 巻き心地
 

また、ハンドルやハンドルノブなどにアソビがなくて、きっちり組み付けてある感じが伝わってきます。

気持ちいい巻き心地と合わせて、「巻いて。止めて。」をくり返した時に、とても素晴らしい質感を味わうことができます。

’16ヴァンキッシュと比べてどうか

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ‘16ヴァンキッシュとの比較
 

’16ヴァンキッシュと比べると、さらに軽量さが際立つ感じに仕上がっています。さらにマイクロモジュールギア→マイクロモジュールギア2へ進化したことで、巻き心地も若干ではありますがランクアップした印象。

しかし’16ヴァンキッシュも十分すぎるほど良いリールですので圧倒的な差は無いかなと思います。急いで買い換える必要はなく、’16をお持ちの場合は、’16を大事に使っていくと良いですね。

番手が違うので、参考までに。

デメリット

ボディのデザインがイマイチ?

シマノ ‘19ヴァンキッシュ デメリット ボディデザイン
 
シマノ ‘16ヴァンキッシュ ボディデザイン
 

お値段以外ほぼ完璧なスピニングリール、’19ヴァンキッシュですが…唯一欠点があるとすれば、ボディの造形があまり美しく無いということです。

個人の主観ではありますが、’16ヴァンキッシュの方が、エレガントで高級感があるように思います。’19はのっぺりしててややチープ感がありますね。

「見えてるネジ」が増えた

シマノ ‘19ヴァンキッシュ デメリット ネジの露出
 
シマノ ‘16ヴァンキッシュ ネジの露出
 

それと、右側面に「見えてるネジ」が1つ増えています。ここは高級機種らしく、ネジを極力目立たせないデザインでやりきって欲しかったところです。

(’16ヴァンキッシュも2000番台は見えてたよ、って話だったらごめんなさい。)

まあ、しかし割とどうでも良いところではあります。

‘19ヴァンキッシュ実釣インプレ動画!〜津久井湖で数釣りを楽しむ〜

’19ヴァンキッシュの実釣動画インプレです。津久井湖で数釣りを楽しんできました。

ロッドは「抑えの18番」レジットデザイン WSS61UL、ルアーは話題のティムコ ロコイズム クリーピーミノー2.7インチ+ガンダマのダウンショットリグ。

リール、ロッド、リグと全て超軽量級なので、軽さが際立つ’19ヴァンキッシュの使用感がめっちゃマッチする釣りです。ドラグ音なども収録しておりますのでぜひご覧ください。

まとめ

以上、’19ヴァンキッシュC2000SSSのインプレでした。

お値段は張りますが、本当に素晴らしいスピニングリールです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SSS

シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SSS

43,890円(09/30 04:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です