シマノ ’19ヴァンキッシュC2000SSSインプレ。「質感より軽量化」なレーシングスペック。

スポンサードリンク

シマノ ’19ヴァンキッシュC2000SSS インプレ

シマノ '19ヴァンキッシュ インプレ
 
シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SSS

シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SSS

43,890円(06/16 21:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

シマノの’19ヴァンキッシュC2000SSSのインプレです。バスやエリアトラウトに半年ほど使い込みました。

多分、最高だろうなと思っていましたが、やはり素晴らしかった。

SPEC

シマノ '19ヴァンキッシュ SPEC
 
モデル 19 Vanquish C2000SSS
ギア比 5:1
スプール寸法(径mm/
ストロークmm)
43/13.5
実用ドラグ力 2kg
最大ドラグ力 3kg
最大巻上長 69cm
ライン
キャパシティ
ナイロン 2-115、2.5-100、3-70

フロロ 2-90、2.5-80、3-65

PE 0.3-140、0.4-100、0.6-80

リール重量 145g
ハンドル長 40mm
ベアリング
ボール/ローラー
11/1 

C2000SSSという番手は、C2000Sのシャロースプール仕様。2.5lbクラスをメインに据えたエリアトラウトやアジング向けのスペシャルモデルです。

写真は、3lbラインを65mほど巻きつけた状態。バス用として使ってラインキャパが不足する場合は、C2000Sの純正スプールに交換する事も可能です。

 

ノーマルギア(5.1:1)のモデルを選んだ理由としては、ヴァンキッシュは巻きの軽さを重視した「クイックレスポンスシリーズ」の最高峰モデルなので、それを最大限に味わえるモデルだからです。

スプール・ローター・ボディの組み合わせ

スプール互換 1000番
ローター 1000番
ボディ 1000番

という構成になっています。番手は「2000番」なのですが全て1000番台の大きさです。

’19ヴァンキッシュ+夢屋カスタムスプール1000N2010

’19ヴァンキッシュ + 夢屋カスタムスプール1000N2010
 

バスとエリアトラウトに兼用するため、夢屋からリリースされている夢屋カスタムスプール1000N2010を購入しました。

 

純正ナイロン2lb-115m→夢屋2lb-100mと、さらにラインキャパが少ないスペシャルな浅溝スプールですが、バス釣りでも4lbラインまでなら普通に使えます。

いちいちラインを巻き替える必要が無くなり、見た目もチューンドリールな感じになっておすすめです。(色合いはヴァンキッシュにイマイチ合わないですが…)

 

また、ボールベアリングが内蔵されたスプールとなっていますのでドラグ性能も純正同様で、実用ドラグ力も2kgと純正と同じ。

ただしスプール外径が43mm→40mmと少し小さくなりますので最大巻き取り長さは少しだけ減ります。

ディティール

ハンドル

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ハンドル
 

軽量さが際立つ、CI4+(炭素繊維を織り込んだ樹脂)素材のハンドル。C2000SSSのハンドル長は40mm。

 

炭素繊維(カーボン)の折り目がマーブル調となっておりとてもカッコいいですね。

 

さらに0.1g単位の軽量化のための「チタン製ハンドル軸」を採用。’16ヴァンキッシュでも同様のCI4+製ハンドルが装備されていましたが、チタン製ハンドル軸は’19で初採用。

チタン製ハンドル軸は全シマノリール中ヴァンキッシュのみの装備となっており、軽量化への執念のようなモノを感じられます。また、チタンは耐食性が高くソルトフィッシングでの錆び防止にも非常に効果的です。

ハンドルノブ

純正ハンドルノブは「夢屋 ハンドルノブ I SS」。ステラやヴァンキッシュの小型番手のみで味わえるスペシャルなハンドルノブです。

さらに、ハンドルノブキャップも高級感のある仕上げ(金属製)。

ローター、ベール

 

ローター、ベールです。ローターはMGLローター。巻き始めの軽さを追求したクイックレスポンスシリーズなのでCI4+製です。

非常に軽やかな巻き感を味わうことが出来ます。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ライン巻き込み防止機構
 

また、ローター上部(写真真ん中)には、シルバーの傘のようなパーツが装着されています。

これはおそらく、ライン巻き込みを防ぐ意匠だと思われ、’16ヴァンキッシュにはなかった装備。

 

ベールは軽量なチタン製でステラとヴァンキッシュだけの装備です。そしてアルマイトカラーがブラックなのがカッコいい。

ベールを返した図。作動感はヌルッとしておりそこそこの高級感。バネの硬さが適切で操作しやすいですね。

スプール

 

スプールの切削加工は、斜め基調から縦に。あまり派手すぎずカッコいいデザインですね。糸巻き部分はシルバーのアルマイトです。

ドラグノブ

 

ドラグノブは樹脂製。(シマノスピニングリールのドラグノブはステラが金属製ですがあとは全て樹脂製になります。)

シンプル路線なデザイン。シルバーメッキとツヤありの黒い塗装のツートンですね。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ ベール、ドラグノブ、ローターなど
 

’16ヴァンキッシュと比較。’16の方が派手めなデザインでした。好みが分かれるところですが私は’19の方が好きですね。

とにかく黒い。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ MGLローター スプール
 

全て黒でまとめられて、マックロクロスケなんであります。また、硬派なラメ無し塗装も印象的。

シマノ ‘19ヴァンキッシュ
 

うーん、黒いぞ。黒いリール好きにはたまらん感じ。どんなロッドにも合わせやすいというメリットもありますね。

自重

シマノ ‘19ヴァンキッシュ 自重
 

自重は、実測でこのぐらい。カタログ値で145gなので、巻きつけたライン分を考慮すれば、ほぼカタログ通りの数値ですね。

 

スプールの自重です。

 

ローターの自重です。

 

ハンドルの自重です。

半プラボディについて

 

‘19ヴァンキッシュはいわゆる「半プラボディ」を採用しています。リールフットから繋がるこちら側のボディ素材はマグネシウム。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です