シマノ ‘20ツインパワー4000XGインプレ。半プラボディは全く問題ない「強いツインパワー」でした。

スポンサードリンク

シマノ ’20ツインパワー4000XG インプレ

20ツインパワー4000XG インプレ
 

シマノの’20ツインパワー4000XGのインプレです。西伊豆でシイラ達と戯れてきました。

「半プラボディ」と呼ばれ憂き目にあっている’20ツインパワーですが、剛性不足なのでしょうか…??その実力をチェックしていきたいと思います。

SPEC

20ツインパワー4000XG SPEC
 
モデル 20 ツインパワー  4000XG
ギア比 6:2
スプール寸法(径mm/
ストロークmm)
52/19
実用ドラグ力 6kg
最大ドラグ力 11kg
最大巻上長 101cm
ライン
キャパシティ
ナイロン(号-m)3.5-170、4-150、5-125
フロロ(号-m)3-190、4-145、5-115
PE 1-490、1.5-320、2-240

リール重量 260g
ハンドル長 57mm
ベアリング
ボール/ローラー
9/1

4000XDという番手は、4000番ボディ+4000番系スプール+4000番ローター仕様

ギア比はXG=エキストラハイギア仕様で、ジギングのラインスラックを素早く回収するためです。 

サーフをやるならまずこのモデル。ハンドル1回転1mの巻き上げスピードからくる圧倒的なラインスラック回収能力で、大きな波にルアーを大きく手前に押された時や、横風でラインを大きく流された場合もタイムロスなくルアーを瞬時にアクション可能。ヒラスズキにも最適です。

[参考対象魚・釣種] サーフ、ヒラスズキ、ライトショアショジギング、ライトショアキャスティング など

公式の説明ですね。

LSJ(ライトショアジギング)で使用

20ツインパワー4000XG ライトショアジギング
 

海のオカッパリである「ライトショアジギング」で使用してきました。9ft〜10ftのロングロッドで20g〜60g程度のジグを遠投し、青物などを狙う釣りです。

LSJ(ライトショアジギング)について
 
JACKALL(ジャッカル) BRS BRS-S96M-SJ

JACKALL(ジャッカル) BRS BRS-S96M-SJ

21,780円(06/21 01:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ロッドはジャッカルの「JACKALL BRS-S96M-SJ」を合わせています。9.6ftのロングロッドで、サーフ、堤防などショア(岸)からの釣りに幅広く対応します。

ラインセッティング

LSJ(ライトショアジギング) ラインセッティング
 

ラインはPE1.5号(ソルティガデュラセンサー8+Si2)を300mほど巻きつけた状態。リーダーはVARIVAS(バリバス) ショックリーダー フロロカーボン20lbです。ソルトフィッシングでは比較的ライト目なラインセッティング。

LSJ(ライトショアジギング)では広い海域のどこかで発生する潮目、漂流物、ナブラ、そして鳥山など沖のポイントを狙うため飛距離が大切です。そのため、やや細めのPE1.5号としました。

ディティール

ハンドル

20ツインパワー4000XG ハンドル
 

ハンドル。ボディサイズやギア比に合わせて長めの57mm。素材はアルミニウムです。折りたたみ機構が廃止されガタつきの一切感じられないしっかりした作りです。

ハンドルノブはT型ですね。親指でホールドしても良いし、人差し指と中指でホールドしてもOKな形状です。指が疲れた時に2通りの握り方が出来るノブは助かります。

ドラグノブ

20ツインパワー4000XG ドラグノブ
 

ドラグノブは樹脂製。正直言ってかなりチープです。とは言っても、実はステラ以外のスピニングリールは全て樹脂製ドラグノブです。

それでも、実売3万5千円ぐらいするリールですのでもう少し頑張って欲しかったところ。「樹脂むき出し感」が強く、例えばヴァンキッシュのドラグノブは塗装がされていてもう少し高級感があります。

一方で、使用感については特に問題はなく、小気味好く操作することが可能でした。

ローター

20ツインパワー4000XG ローター
 

ローター素材はアルミニウム。’15ツインパワーは樹脂製でした。この「金属ローター化」はシマノが’20ツインパワーのウリにしているポイントです。

‘18ステラの設計思想を受け継いだリールでして、ステラとほぼ同様のローターを搭載しています。ステラを筆頭とする「コアソリッドシリーズ」の2番目のモデルということで、ローターの回転感覚はしっとりと重厚な感覚です。

スプール

20ツインパワー4000XG スプール
 

ステラのみに搭載されていた「ロングストロークスプール」を搭載。40gのジグを1.5号のPEで遠投したところ、80m〜90m程度は軽く飛びます。(PEラインの色分けで確認)素人がキャストしてもスプールからラインが放出される際の「抜け感」が気持ち良いと感じました。

20ツインパワー4000XG ラインクリップ
 

ラインクリップはシマノリール共通のモノです。可もなく不可もなく、という使用感ですね。

20ツインパワー4000XG 切削加工
 

切削加工は斜めでちょっと派手。ヤング向けのデザインです。とはいえ全体のデザインが落ち着いた雰囲気なのでそこまで派手という訳ではないですが..

ボディ

20ツインパワー4000XG ボディ
 

ボディはガンメタ。ほんの少しラメが入っています。

20ツインパワー4000XG ボディの露出するネジ
 

ボディ外側に露出しているネジは、最下部のカバーを止める箇所に1つ。

20ツインパワー4000XG ボディに露出するネジ2

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です