シマノ ‘20ツインパワー4000XGインプレ。半プラボディは全く問題ない「強いツインパワー」でした。

スポンサードリンク

シマノ ’20ツインパワー4000XG インプレ

20ツインパワー4000XG インプレ
 

シマノの’20ツインパワー4000XGのインプレです。西伊豆でシイラ達と戯れてきました。

「半プラボディ」と呼ばれ憂き目にあっている’20ツインパワーですが、剛性不足なのでしょうか…??その実力をチェックしていきたいと思います。

SPEC

20ツインパワー4000XG SPEC
 
モデル 20 ツインパワー  4000XG
ギア比 6:2
スプール寸法(径mm/
ストロークmm)
52/19
実用ドラグ力 6kg
最大ドラグ力 11kg
最大巻上長 101cm
ライン
キャパシティ

ナイロン(号-m)3.5-170、4-150、5-125
フロロ(号-m)3-190、4-145、5-115
PE 1-490、1.5-320、2-240

リール重量 260g
ハンドル長 57mm
ベアリング
ボール/ローラー
9/1

4000XDという番手は、4000番ボディ+4000番系スプール+4000番ローター仕様

ギア比はXG=エキストラハイギア仕様で、ジギングのラインスラックを素早く回収するためです。 

サーフをやるならまずこのモデル。ハンドル1回転1mの巻き上げスピードからくる圧倒的なラインスラック回収能力で、大きな波にルアーを大きく手前に押された時や、横風でラインを大きく流された場合もタイムロスなくルアーを瞬時にアクション可能。ヒラスズキにも最適です。

[参考対象魚・釣種] サーフ、ヒラスズキ、ライトショアショジギング、ライトショアキャスティング など

公式の説明ですね。

LSJ(ライトショアジギング)で使用

20ツインパワー4000XG ライトショアジギング
 

海のオカッパリである「ライトショアジギング」で使用してきました。9ft〜10ftのロングロッドで20g〜60g程度のジグを遠投し、青物などを狙う釣りです。

LSJ(ライトショアジギング)について
 

ロッドはジャッカルの「JACKALL BRS-S96M-SJ」を合わせています。9.6ftのロングロッドで、サーフ、堤防などショア(岸)からの釣りに幅広く対応します。

ラインセッティング

LSJ(ライトショアジギング) ラインセッティング
 

ラインはPE1.5号(ソルティガデュラセンサー8+Si2)を300mほど巻きつけた状態。リーダーはVARIVAS(バリバス) ショックリーダー フロロカーボン20lbです。ソルトフィッシングでは比較的ライト目なラインセッティング。

LSJ(ライトショアジギング)では広い海域のどこかで発生する潮目、漂流物、ナブラ、そして鳥山など沖のポイントを狙うため飛距離が大切です。そのため、やや細めのPE1.5号としました。

ディティール

ハンドル

20ツインパワー4000XG ハンドル
 

ハンドル。ボディサイズやギア比に合わせて長めの57mm。素材はアルミニウムです。折りたたみ機構が廃止されガタつきの一切感じられないしっかりした作りです。

ハンドルノブはT型ですね。親指でホールドしても良いし、人差し指と中指でホールドしてもOKな形状です。指が疲れた時に2通りの握り方が出来るノブは助かります。

ドラグノブ

20ツインパワー4000XG ドラグノブ
 

ドラグノブは樹脂製。正直言ってかなりチープです。とは言っても、実はステラ以外のスピニングリールは全て樹脂製ドラグノブです。

それでも、実売3万5千円ぐらいするリールですのでもう少し頑張って欲しかったところ。「樹脂むき出し感」が強く、例えばヴァンキッシュのドラグノブは塗装がされていてもう少し高級感があります。

一方で、使用感については特に問題はなく、小気味好く操作することが可能でした。

ローター

20ツインパワー4000XG ローター
 

ローター素材はアルミニウム。’15ツインパワーは樹脂製でした。この「金属ローター化」はシマノが’20ツインパワーのウリにしているポイントです。

‘18ステラの設計思想を受け継いだリールでして、ステラとほぼ同様のローターを搭載しています。ステラを筆頭とする「コアソリッドシリーズ」の2番目のモデルということで、ローターの回転感覚はしっとりと重厚な感覚です。

スプール

20ツインパワー4000XG スプール
 

ステラのみに搭載されていた「ロングストロークスプール」を搭載。40gのジグを1.5号のPEで遠投したところ、80m〜90m程度は軽く飛びます。(PEラインの色分けで確認)素人がキャストしてもスプールからラインが放出される際の「抜け感」が気持ち良いと感じました。

20ツインパワー4000XG ラインクリップ
 

ラインクリップはシマノリール共通のモノです。可もなく不可もなく、という使用感ですね。

20ツインパワー4000XG 切削加工
 

切削加工は斜めでちょっと派手。ヤング向けのデザインです。とはいえ全体のデザインが落ち着いた雰囲気なのでそこまで派手という訳ではないですが..

ボディ

20ツインパワー4000XG ボディ
 

ボディはガンメタ。ほんの少しラメが入っています。

20ツインパワー4000XG ボディの露出するネジ
 

ボディ外側に露出しているネジは、最下部のカバーを止める箇所に1つ。

20ツインパワー4000XG ボディに露出するネジ2
 

それから、CI4+製のフタを止める位置に1つの計2つ。

半プラボディ

20ツインパワー4000XG 半プラボディ
 

‘20ツインパワー最大の特徴!?である「半プラボディ」。どういうことなのか?と言いますと、ボディのこっち側はアルミ製。

20ツインパワー4000XG CI4+製のフタ
 

しかし、こっち側のフタは樹脂(CI4+)製。ちなみに’15ツインパワーは両方アルミ製でした。これがいわゆる「半プラボディ」と呼ばれる理由です。

この設計思想は’19ヴァンキッシュも同様でして、ヴァンキッシュは半分マグネシウム、半分樹脂(CI4+)製となっています。

 

ヴァンキッシュは軽さ重視の「クイックレスポンスシリーズ」なので設計思想にマッチングした仕様と納得出来ますが、ツインパワーは剛性重視の「コアソリッドシリーズ」なので、半プラ化はリールの性格に合わないのでは?という心配があります。

ベール

20ツインパワー4000XG ベール
 

ベールは「ワンピースベール」と呼ばれる段差のないスルッとした形状でステンレス製です。

20ツインパワー4000XG ベールを返す感触
 

ベールを返した感触はやや硬めでバネが効いています。操作しやすいですね。動作時の質感は高いものの当然ながらステラほどではありません。

MADE IN JAPAN

20ツインパワー4000XG MADE IN JAPAN
 

’20ツインパワーの良いとこ。日本製です。一部の上級モデルのみに許されています。諸外国製と比べて、組み付けの精度が上がっているはずです。

実釣インプレ

ステラほどではないが、上質な巻き心地

20ツインパワー4000XG シイラ 実釣インプレ
 

コアソリッドシリーズの中でステラの次に高額なリール、ということで上質な巻き心地を味わうことが出来ます。

流石にステラのように「巻いているだけで気持ちよくなる」というほどでは無いですが、余計なノイズが少ないので、ジグの巻き感やアタリの感触だけをクリアに手元に受け取ることが出来ますね。

また、金属ローターは慣性が良く効いて周り続けようとする性質がありますので、ソルトフィッシングで多用する重ためのジグを一日巻き続けた時に負担感を大幅に軽減してくれました。

さらに、金属ローター化による自重増により、巻きだしの軽さが犠牲になっている??と思いきや、そこそこ軽快感のある巻き出しになっているのは驚きました。

剛性はたっぷり。

20ツインパワー4000XG 剛性感
 

メータークラスのシイラとファイトしたのですが、剛性感は全く問題ないように思いますね。「半プラ化」によるデメリットはほとんど無い、と言い切っちゃっても良いかと思います。

4000番のボディは力強い巻き上げを実現していますし、巻き上げの際にたわみ、歪み感はありませんでした。

もしもコレで剛性が足りない、と感じる場合はSW系のスピニングリールを使うと良いと思います。

滑らかなドラグ

20ツインパワー4000XG 滑らかなドラグ
 

やっぱりスプール支え上下部分にボールベアリングが入った上位機種のドラグ(リジッドサポートドラグ)は良いですね。ドラグが出始める時の引っかかり感はほぼ無く、出始めた後のスムーズさも文句なし。

金属ローターの剛性感も素晴らしくドラグが一気に出る際も不安感がありません。安定した滑り出しでラインブレイクを防いでくれます。

さらに、ドラグ音は高音でやや爆音系。釣ってるぞ、という気分を盛り上げてくれます。

デメリット

耐久性はどうなのか

20ツインパワー4000XG 耐久性
 

半プラボディの唯一の懸念点としては、長く使い込んでいった時に、フルアルミだった時代の’15ツインパワーと比べて耐久性の面でどうなんだ?という点です。コレは数年に渡って使い込まないと見えてこないので、後々追記したいと思います。

ドラグノブのチープさ。

20ツインパワー4000XG ドラグノブがチープ
 

そして先述したように、ドラグノブがとてもチープです。樹脂むき出し部分は、せめて何らかの塗装をして欲しかった。

‘20ツインパワー4000XGのレビュー動画。youtube動画も見てね!!

’20ツインパワー4000XGを動画でレビューしています。実釣は10分から!あとは語りというウザめな動画です。

ドラグ音やドラグ性能は動画を見てもらった方が分かりやすいですし、文字よりいろんなことが伝えられるかと思います。

メーターシイラの最初のランでドラグが数十メートル引き出されるのですが、金属ローターの剛性感が頼もしかったですね。

まとめ

以上、 ‘20ツインパワー4000XGのインプレでした。結論としては非常に出来の良いリールです。

ステラに非常に近い使用感をステラのほぼ半額で味わえる、ということでコスパに優れたリールだと感じます。

「ステラは高すぎるけど上質なリールが欲しい。」という要求に答えてくれるハズです。半プラボディは全く問題ない「強いツインパワー」に仕上がっていました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です