[ICAST2017]シマノ クロナークGという地味なモデルについて。MGLスプール海水弱い説。

スポンサードリンク

ICAST2017のシマノ新製品の中で、ひときわ地味な存在のクロナークG。

MGLスプールレスのクロナーク、という事で良さそうです。

MGLスプールは海水に弱い!?その真相を考察します。

クロナークG

 

ICAST2017において発表されたシマノのリールの新製品は、「クラドK」と、「クロナークG」があります。

「クラドK」の進化っぷりは、以前の記事でお伝えした通りです。

今回は、「クロナークG」についてその正体を調べてみました。

クロナークMGLと何が変わったの?

 

おっ、クロナークMGLに派生モデルか。どんな感じなんだろう。とワクワクしながらスペックを見てみました。

NEW SVS∞(インフィニティ)、マイクロモジュールギア、Ci4+素材のサイドプレート、ベアリング数8+1(S-ARB)….ふむふむ。

ん?クロナークMGLと何が違うのん?

リールマニアの方ならすぐにお気づきになるかと思いますが、スペックがまるでクロナークMGLと一緒なんです。

MGLスプールレス仕様

では、ベースモデルとなるクロナークMGLと一体何が違うのか。という事なんですが。

US SHIMANOのHPを拝見する限りだと、クロナークMGLのMGLスプールレス仕様がクロナークG、となるようです。

写真を目を凝らして見てみると、確かに側面へのブランキングの無い、普通のスプール?になっているようです。

それからメカニカルノブの「MGL」のロゴも消えています。

これは、ソルトウォーターなどへの対応、との事。

MGLスプールは海水で使えないのか。

 

ここでふと、MGLスプールは海水で使えないのか。という疑問が湧きました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です