‘16アルデバランBFS XGオーバーホール【後編】。スプールのBBを外して初めて「完バラ」と言えるかも。

スポンサードリンク

‘16アルデバランBFS XGのオーバーホール【後編】です。

クラッチ&レベルワインド周りの分解と、スプールベアリングの着脱方法をシェアします。

フィッシングショーネタはまだまだあるのですが、ちょっと箸休め的にアルデバランBFSの分解日記です。

前回のあらすじ

前回は、ギアボックスカバーを外して、メインギア&メインギア軸を外したところまででした。

今回は、残りのクラッチ&レベルワインド周りの分解と、スプールベアリングの着脱を実施します。

クラッチ周辺の分解

まずはクラッチ周辺の部品を外していきます。

ピニオンギア、クラッチヨーク、クラッチヨークバネは引っ張ると外れます。

 

クラッチツメにネジがありますので外します。00番のプラスドライバーです。

このネジ要るのか??無駄に複雑化している気がします。

それからクラッチカムの固定は裏側からになっていますので、こちらも外します。

するとクラッチ回りのパーツがごっそり取れます。

ベアリングもハンドルノブキャップリムーバー で外します。

クラッチレバー

最後にクラッチレバーを外します。クラッチレバー裏側のネジを緩めるだけです。

こんな感じで、長いドライバーでアクセスします。

 

クラッチ回りの分解が完了しました。

分解して清掃した後、この状態で保管しておけばネジを無くさないで済みます。

レベルワインド

最後の関所?レベルワインドを分解していきます。

レベルワインドガード

最初に、レベルワインドガードを外します。

B側のネジ一本外せば、あとは「はめ込み式」でくっついています。

左右それぞれ「はめ込み」を広げると、外れました。

力を入れ過ぎて割らないようにご注意をw

レベルワインダーとウォームシャフト

B側のEリングを外します。

こいつは狭い空間に奥まっているので、タミヤEリングセッターが使えません。

仕方なくマイナスドライバーでこじって外します。

外すと、ウォームシャフトがゆるゆるになります。

あとはレベルワインドキャップを外せば、バラバラになります。

アルデバランBFSは、ウォームシャフトピンが樹脂製なんですね。

ウォームシャフトピンの調整座金は2枚入っていました。ここは個体差があります。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • コメント失礼します。この記事を参考に自宅の16アルデバランをオーバーホールしていたのですが、あるパーツがどこのものかわからなくなってしまいました、、記事の解体した全体図の写真でいうとした側の二つのeリングの下にある、金色のワッシャーとそれに重なっているワッシャーの二つです。多分レベルワインダー周辺のパーツだったと思うのですが、、解体図を見てもわからずお時間ございましたらご教授いただけないでしょうか。

    • 拝見した訳ではないので、なんとも申し上げにくいのですが、Eリングの下の「座金」(パーツリストの84番、85番)ではないでしょうか??Eリングの下に2つ座金が入るようですね(^.^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です