’19SLX MGL半年インプレ。新世代入門機は、やはり「買い」だったのか。

スポンサードリンク

シマノ SLX MGLを購入し、はや半年が経過しました。

安い割に性能が高い。」そんな話ばかり聞きますが、本当なのでしょうか。

半年使用して分かってきた、SLX MGLの弱点をまとめます。

シマノ ’19SLX MGL 半年インプレ

 
シマノ(SHIMANO) リール 19 SLX MGL 71XG

シマノ(SHIMANO) リール 19 SLX MGL 71XG

14,670円(06/17 04:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

いつも読んでいただいてる方はご存知の通りですが、普段は、買ってきたばかりのリールをさも使い込んだかのようにインプレ記事を書いています。(汗

 

「1〜2回使っただけで何が分かるんだよ。」というネガティブな感情を持たれることも…おっしゃる通りです( ;  ; )

というわけで、たまには「割と使い込んだよ!」というインプレ記事を書いてみたいと思います。

 

最強のエントリーモデル、シマノ’19 SLX MGLの半年インプレッションです。

安いリールは我慢?

 

エントリーグレードの安価なリールですと、今までどうしても我慢するところがあったように思います。

理由はさまざまですが、

エントリーモデルの我慢ポイント
  • キャストフィールが良くない
  • 巻き心地が良くない
  • 剛性感が頼りない
  • すぐ壊れた

などなど、そんなところでしょうか。

我慢が少ないSLX MGL

 

ファーストインプレッションの際にもお伝えしましたが、SLX MGLは、そういった安いリールにありがちな「定番のネガ」を上手に潰してきている印象です。

 

とはいえ、もちろん、全てが高次元な訳ではありません。

あくまで、実用に必要なレベルをうまいこと確保しているという印象です。

 

値段が値段なので、コストを抑えなければいけない部分ももちろんあるはずで、当然のことです。

ただ、意外と「全方位的に、きっちりと仕上げてある安価なリール」というのは、実はありそうで無かった。

 

そこに上手に入り込んできたのが、SLX MGLでした。

メタニウム、アンタレスと一緒に使える

 

メタニウムMGLやアンタレスMGLなどの高級機種と一緒に使っても、違和感が無いレベル、と言えば分かりやすいでしょうか。

これまでのエントリーグレードのリールであれば、

「あー、こりゃダメだわ、やっぱり高級機種の方が良いなあ。」

となっていたのですが、SLXについては不思議とそれが無い。

 

一軍リールとしてバリバリ活躍してくれる。

買い替えやステップアップが不要

つまり、買い替えやステップアップが不要なエントリーモデル、と言えるでしょう。

 

普通はエントリーモデルを購入すると、釣りが上達するにしたがって、上位機種が欲しくなり、結局買い替えますよね。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です