バスライズ カスタム道Vol.1。開封の儀&メインギア観察

スポンサードリンク

シマノ最廉価ベイトリールであるバスライズをカスタムベースにするため、購入しました。

まずは開封の儀と、軽くバラしてメインギア観察です。

シマノ ’18バスライズ

 

SHIMANOの両軸リール最廉価モデル、’18バスライズを買ってきました。

スペック

軽くスペックをご紹介しておきます。

自重 200g
ギア比 7.2
ベアリング 1
ブレーキ イージーマグ
ハンドル
価格 6,700円

いろいろとそぎ落とした、硬派なスペックです。

ベアリングは驚愕の一個。ハンドルとギア比の選択肢はもはや無く、右ハンドル、ハイギアのみ。

そして遠心ブレーキではなく、イージーマグと呼ばれるマグネットブレーキが搭載されています。

 

バスライズフルチューン記事

 

みかんさんのバスライズフルチューン記事が面白かったので、私も真似しちゃいました。やる事がセンスいいなあ。

最廉価リールだからこそ、チューンした時の伸びしろが1番あるし、イジるべきメニューがたくさんあるわけです。

普通のリールは買ってきた時点ですでに良く出来ちゃってますよね。

コストダウンを究極まで進めた、スッピンリールであるバスライズをどこまで良く出来るのか、という所がとても面白い。

マットな無塗装フィニッシュ

 

さて、まずはバスライズをちょこっと触ってみました。

とりあえず見た目は、以外と悪くない…というか十分カッコイイです。

 

レベルワインドガードの部分だけラメ入り塗装となっており、あとはマットな質感の無塗装?仕上げ。

このマットな感じがなかなか良いです、ツヤなしのラッピングを施した高級車の様です。(言い過ぎか?w)

巻き感は正直重い

 

ストック状態での巻き感は正直重だるいです。

そりゃそうでしょう、ベアリングが一個しかない訳ですから。ピニオンギアの支え部分に一個だけ。

 

↑写真中央のベアリングが、バスライズに1個だけ装備されているベアリング。

ローラークラッチをベアリングとすれば2個ですね。シマノのスペック表の表記だと、BB/ローラー 1/1って事になります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です