ベイトリール カスタムハンドル考。バスライズに合うハンドルを探すよ!

スポンサードリンク

バスライズのハンドルを交換してみよう!

という事で、まずは市場調査をしたいと思います。

バスライズのハンドルを変えてみるよ

バスライズカスタム化計画の一環として、ハンドルを社外品に交換しようと思います。

正直、カスタムの方向性が微妙に定まっていないのですが、交換するハンドルの性格で決まってくるように思います。

なのでどんなハンドルを選ぶかというのは、バスライズカスタムにおいて超重要な位置づけ…という訳で悩みまくっております。

実際にいろんなハンドルを装着してみました!

実際に、バスライズにいろんな社外ハンドルを装備してみました。

Avail ハンドル

Avail社のハンドルは、シンプルで美しいルックスがイイ。

カラーを黒やシルバーをチョイスしてあげる事でパッと見、純正っぽい仕上がりにも出来る。

あくまで落ち着いたルックスでバーサタイルバスライズに仕上げたい場合、この純正っぽさはかなりそそられるポイントです。

スタジオコンポジット

カーボンハンドルといえば!なスタジオコンポジットさんのハンドル。カーボンの艶消しブラックが、バスライズのボディに合うと思うんですよね。

このR23EVAというモデル、HEDGEHOG STUDIO限定モデルで、現在かなり安価に放出されております。

ハンドルノブ込みで1万円を切るこの価格はかなり魅力的ですね。(こちらはAbu,Daiwa用でした…)

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です