スコーピオン、クラド、カシータス は結局ナニが違うの。 3分まとめ。

スポンサードリンク

近年、めまぐるしい勢いでエントリーモデルの拡充を推し進めてきたシマノ。

低価格なハイスペックリールが多数揃った、バスフィッシングの門戸を叩く者にとって、大変望ましい状況です。

そんなシマノのエントリーモデル、スコーピオン、クラド、カシータスの立ち位置の違い、特徴をまとめました。

リターンバサーにシマノのリールを買わせる

ブランク期間を経て、バス釣りを再開した友人が、ベイトタックルを購入するとのこと。

悪い友人の私は早速釣り具屋に連行し、一緒にチョイスすることに。

SHIMANOのベイトリールからチョイスすることにしましたが、ナニが違うの!?

と聞かれ、ワカリマセン…ではカッコつかないので3分でわかるようにまとめてみました。

スコーピオン

シマノ 16'スコーピオン

シマノ 16’スコーピオン

 

出典:SHIMANO

 

ベアリング7個。すべて防錆効果の高いS A-RBを採用。

200番台で20lb-100mの大型だった14スコーピオンの穴を埋める、3/8ozクラスのルアーをキャストしやすい、70番台の12lb-100mサイズで登場。

メタルボディで耐久性が高い。

X-SHIPと呼ばれる、高精細ギア搭載。

X-SHIPは、クラドは搭載、カシータスは未搭載。

ブレーキシステムは、ブレーキシューが4つになったNEW SVS∞(インフィニティ)を採用。

3機種とも同じブレーキシステムです。

メタルボディの仕上げは上々で、適度に良いモノ感がある外観。

往年のスコーピオンのカラー、ワインレッドは廃止されましたが、竿と合わせてみると、質感が良い。

予算が有ればスコーピオンか。

車で例えると、上質で洗練された乗り心地、歴史あるブランドを持った、NISSAN スカイラインクーペのような存在。

自重 190g
スプール径 32mm
ベアリング 7/1 (S A-RB/ローラー)
 ブレーキ SVS-INFINITY 
価格  27,000円(税抜)

クラド

シマノ クラド

シマノ クラド

 

出典:SHIMANO

ベアリング5個

メタルボディで耐久性が高い。

200番台で、ラインキャパが20lb-100mで大型。

タフネスなベーシックリール。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です