DAIWA ’19タトゥーラ TW インプレ。ガシガシ使えるTWS機は、安価なのに基本設計ヨシ。

スポンサードリンク

ダイワ ’19TATULA TWのインプレです。

気兼ねなくガシガシ使える価格帯のリールですが、非常に良いリールでした。

ダイワ ’19TATULA TW インプレ

 
ダイワ(DAIWA) ベイトリール タトゥーラ TW 100SHL 2019モデル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール タトゥーラ TW 100SHL 2019モデル

14,777円(01/29 07:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
 

ダイワ ’19タトゥーラTWのインプレです。 

私が購入したのは、100SHL。ハイギア、レフトハンドル仕様になります。

SPEC

モデル 19 TATULA TW 100SHL 
ギア比 7.1:1
スプール径 34mm
最大巻上長 75cm
最大ドラグ力 5kg
ライン
キャパシティ
14lb-115m
16lb-100m
リール重量 195g
ハンドル長 90mm
ベアリング
ボール/ローラー
7/1 

ディティール

ハンドル&スタードラグ

 

ハンドルは、長めの90mm。パワフルなリーリングを可能とします。

余談ですが、ハンドルノブは1個ずつベアリングが入っており、ライバル機種であるシマノSLX MGLより若干お得感があります(SLXはハンドルノブベアリング0)

スタードラグは無塗装仕上げのプラスチッキーなもので、少々チープ感があります。

メカニカルブレーキダイヤル&クラッチ

 

「ゼロアジャスター」と呼んでいる、メカニカルブレーキダイヤル。タランチュラマークが鎮座しています。

ダイワは、スプールの左右のブレをなくすセッティングさえ決まれば、釣行中のメカニカルブレーキ調整は不要であると言っています。

その「ゼロアジャスター」の思想の影響なのか、半分ぐらいリール側に埋まっている設計で、正直いって少し操作しにくい感じがあります。

 

クラッチは最近流行りの左右対象な形状。左右には赤いアクセントが入っています。

TWS搭載

 

 

低価格でTWS(Tウィングシステム)が楽しめるのが’19タトゥーラTW最大のメリット。

 

キャスト時(クラッチを切った時)に、レベルワインドがパカっと下に向かって開いて、ラインの放出抵抗を減らす仕組みです。

 

キャスト時の放出抵抗感が少ない感覚は、確かにあります。

とはいえ、実際にどれぐらいTWSで放出抵抗が軽減しているのかどうかは、感じにくい部分ではあります。

 

TWS搭載、TWS非搭載機でレベルワインド以外が全く同じデモ機で作ってくれたら、もっと良さが分かると思います。

熟成のブレーキシステム、マグフォースZを搭載

 

ブレーキシステムは、マグフォースZを搭載。20段階で、迷いのないブレーキ設定が可能です。

また、トラブルレスの観点から見れば、シマノの遠心ブレーキよりも優秀だと思います。

1回の釣行におけるバックラッシュ数は明らかに少ないですね。

スプール

 

また、スプールは、「高強度アルミ製マグフォースZスプール」を搭載。

自重は、このぐらいになります。

 

参考までに、’17 TATULA SV TWのSVスプールの自重です。

SVスプールと比べてしまうと、’19TATULAの純正スプールは、正直言って軽くはありません。

 

スプール自重を軽くして、’19TATULA TWの戦闘力をUPさせたい!という場合、安価で導入しやすいカスタムスプールがSLP WORKからリリースされています。

実釣インプレ

メインのルアーウエイトは重ため

 

最初の実釣インプレは、バス狙いで相模湖オカッパリへ。ラインセッティングは、16lbフロロカーボンラインを、スプールエッジ2mmほど残して巻いています。

やはりというか、ある程度スペックを眺めていたら分かる通りなのですが、やはりメインとなるルアーウェイトは少し重ためです。

16lb-100mというラインキャパを見ても明らかですよね。

太糸使用かつ、1/2oz以上のルアーがもっともスイートなところです。

巻き心地

巻き心地は、決して悪くはない感触ですが、すごく素晴らしいものでもありません。

とはいえ、価格を考えれば非常に検討しているレベルだと思います。

キャストフィール

キャストフィールは、わりと豪快というか、バビューン!とスプールが回る感触がかなりダイレクトに伝わってきます。

とはいえ、しっかりと飛距離も出るし、むしろ1/2ozを超えるような重たいルアーに関しては、ラインキャパの問題もあってSVスプールよりも向いているという解釈で良さそうです。

ドラグはかなりしっかりしている

 

実釣例がバスではなくて、シーバスで申し訳ないのですが…オカッパリシーバスにも使用しました。

お値段がリーズナブルなので、ソルトでも気兼ねなくガンガン使えるのも嬉しいところ。(一応、ダイワHPを見ると海水対応となっていますね!)

 

60クラスのシーバスとファイトしてもドラグがズルズル滑ることはなく、ドラグMAXは5kの数値に偽りないと感じました。

バスであればよほどのランカーサイズでない限りは、パワーで負けるということはほぼ無いと思っていいですね。

パワフルなリーリング&ファイトが可能

 

足場に高さがあって、かなり魚との距離があり、また根に潜られると非常に厄介なので、少し強引にやりとりをすることが要求される状況でした。

そんな状況でも、’19TATULA TWであれば、ゴリゴリに巻き上げて来ることが出来ましたよ。

 

90mmのハンドル長も違和感なく、パワフルなリーリングに貢献してくれます。

(すいません、社外ハンドルに交換しておりますが、純正同様90mmのハンドルになります。)

ハンドル、ギア比のバランスが良く取れていますね。

 

’17TATULA SV TWと比べて、ほんの少しではありますがコンパクト化したボディですが、パワー的には劣るところは少ないと思います。

 

ホントにシーバスとのパワーファイトはめちゃくちゃ楽しかったですね。

不安感が全く無いのは、安価なのに基本設計がしっかりしているということの表れではないでしょうか。

まとめ

以上、ダイワ ’19タトゥーラTWのインプレッションでした。

非常にコストパフォーマンスに優れた1台であると感じます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

’19タトゥーラ TWのハンドル等をがっつりカスタムした記事

ダイワ(DAIWA) ベイトリール タトゥーラ TW 100SHL 2019モデル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール タトゥーラ TW 100SHL 2019モデル

14,777円(01/29 07:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見してます。19タトゥーラでシーバスされてるみたいですが、ヤフオクなどにあるレイズスタジオ製の浅溝スプールに交換してPE1.2にするだけでベイトシーバスが楽しくなりますよ(*´∀`*)
    当方はタトゥーラCTやジリオンSVの同社スプール搭載して楽しんでますがSV機以外でシーバスするなら交換は必須(?)な程外せません(;´∀`)

    • レイズスタジオさんは未チェックでした!ありがとうございます、チェックしてみたいと思います♬かなり大胆なブランキングが施されたスプールなんですね♬

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です