ところで丸型リールのメリットってなんだろう。

スポンサードリンク

ロープロファイルリールが、ベイトリールにおけるラインナップのメインとなり、数機種のみ残された丸型リール。

あえて今、丸型リールを選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。

巻き上げ力

 

一般的に、丸型リールの方がトルクがあって巻き上げ力が力強いという定説があります。

 

これはリールの製造方法に起因しています。丸型リールは金属塊から削り出した、継ぎ目の少ない、高い剛性を誇るボディだからです。

 

一方で、一般的なロープロファイル型リールは必ずしもそうではありません。

 

ただし、現代の非常に良く出来たロープロファイル型は、もはや遜色ない巻き上げ力です。

もちろん、丸形がやっぱり巻き上げ力高いよ、というご意見もあると思います。

 

個人的にソルト用の大型の丸型リールなどを扱った経験はほぼ無く、トルクを語れるほど使い込んでいませんが…

 

バス釣りで使い比べてみた感覚としては、特にバンタムMGLなど巻き上げ力にネガを感じる事は少ない。

という訳で、この辺の優位性は、現代の丸型リールについては当てはまらなくなってきています。

トラッドな味わい

 

丸型リールには、トラディショナルな、ベイトリールの原点的な味わいや使い心地が存在します。

これはロープロファイル型リールでは得られないものです。

 

源流をたどれば、アブガルシアの丸型リールを国内メーカーが模倣して、追いつけ追い越せという時代がありました。

その時代から、丸型リールへのあこがれや、それでしか得られない使い心地などがあったはず。

 

ずっと継承し続けている、両軸リールの文化そのものが丸型リールにはあるのです。(語ってすいませんw)

見た目の美しさ

 

クラシカルな見た目の美しさも丸型リールの美点です。

もちろんロープロ型には独自の魅力があって、甲乙つけがたい部分もありますが…

パーミングはしにくい?

 

パーミング性能は、手の中にすっぽり収まるロープロファイル型が、当然優れています。

とはいえ、ここは慣れなどの個人差もあり、がっしりとハイトのある丸型がパーミングもしやすい、という意見もあります。

古くからのユーザー

絶対に丸型じゃないとダメ、という古くからのベイトリールユーザーにとって、丸型リールは唯一無二の存在です。

今後どれだけロープロ型リールが発展していっても、丸型がラインナップに残される大きな理由でしょう。

多彩なギア比は設定しにくい

 

丸型リールの大きなデメリットと言えば、デザイン上の制約から、ギア比を自由に設定しにくいことです。

ギアボックスを大きくはみ出させたロープロファイル型とくらべ、メインギアの大きさに限界があります。

そのため、多彩なギア比を用意する事が難しい。

しかし最近では、その賛否はともかく、’14カルカッタコンクエストのように、左右非対称型のデザインなどで、ハイギアの設定が可能な丸型リールも存在しています。

技術的な進歩により、このネガは解消されつつあるといっても良いでしょう。

まとめ

以上、丸型リールについてでした。

もちろん、ロープロだけでも釣りは成り立ちます。

しかし丸型リールで味わい深いベイトキャスティングを味わう世界観は、やはり独特。

バス釣りにおける大きな楽しみのひとつと言えるでしょう。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます!これはダイワのデフバスフロロです!
      安めのラインを頻繁に巻き替える派です( ◠‿◠ )

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です