バンタムMGLの正体は、コンクエストキラーでした。[インプレ]

スポンサードリンク

’18バンタムMGLは素晴らしいリールでした。

もはやカルカッタコンクエスト100は完全に喰われてしまいそうな出来です。

シマノ ’18バンタムMGL インプレ

シマノ '18バンタムMGL PG LEFT インプレ
 

シマノ ’18バンタムMGLのインプレです。

私が購入したのは、PG(パワーギア)、LEFTハンドル仕様になります。

 

同じ34mm径のMGLスプールを搭載し、かつロープロ機同士、という事でメタ二ウムMGLと比較されることが多いバンタムMGL。

そこでちょっと視点をずらして、同じアルミ削り出しボディを持つ、’14カルカッタコンクエスト101と比較してみました。

SPEC

モデル 18バンタムMGL PG
ギア比 5.5:1
スプール径 34mm
最大巻上長 59cm
ライン
キャパシティ
12-130、14-110
16-100
(150番)
ベアリング数 8/1(BB/ローラー)
リール重量 215g
ハンドル長 84mm

気持ちいい巻き心地

シマノ '18バンタムMGL PG LEFT 巻き心地
 

高剛性コアソリッドボディは、たわみ歪みが全く感じられません。

それに精度の高いマイクロモジュールギアが組み合わされて、巻き心地が悪いハズが無い。

まさに、マイクロモジュールギアの完成形ともいえる仕上がり。

タフネスなボディは、一見パワーゲームに特化したリールに思えますが、むしろ巻物で、甘美な巻き心地を味わってほしいです。

カルカッタコンクエスト100涙目

シマノ '18バンタムMGL PG LEFT カルカッタコンクエスト 比較
 

巻き物リールの最高峰、’14カルカッタコンクエスト。その存在意義を揺るがしかねないです。

もちろん、カルコンは丸形リールとして唯一無二の存在。

また200,300,400と幅広いラインナップで、よりストロングな釣りに対応できるメリットもありますが..

 

少なくともバンタムMGLとサイズ感の近い、カルコン100比では、巻きのスムーズさ、力強さは、ほぼ同じ。

それでいて、カルコンよりも1万円以上安く、「カルカッタコンクエスト100キラー」です。

 

また、カルコンは’14年デビューと少し古くなってきており、搭載されているSVSブレーキユニットも、1世代前のものになっています。

その為、キャストフィールの面でもバンタムMGLの方が有利です。

アルミ削り出し

シマノ '18バンタムMGL PG LEFT アルミ削り出しボディ
 

両者ともアルミ素材削り出しボディ、真鍮製のマイクロモジュールギア搭載…

「巻き心地」に大きく影響を及ぼす要素に、もはや差がありません。

(厳密に言えば、カルコンが鍛造、バンタムが鋳造という違いがあるようですが、普通にリールとして使う分には差はないように思います)

 

それでいて価格は大幅に安いのは、シマノがたくさんの血を流している?と邪推してしまいます。

丸形でしか味わえなかった贅沢を、ロープロで味わえるという素晴らしさたるや。

お値段以上

シマノ '18バンタムMGL PG LEFT 優れたコストパフォーマンス
 

間違いなく、お値段以上の満足感を得られるリールです。この作りで、この値段はあり得ない。

釣具屋の店員さん情報でも、昨年最も売れたリールです、というお話でした。

みんなが買ってるリールがイイリール、とも限らないですが、バンタムMGLに関しては実際にイイモノです。

スプール重量

シマノ '18バンタムMGL PG LEFT MGLスプール 重量
 

純正MGLスプールの重量を計測。ベアリング込みで、15.16g。

シマノ '18バンタムMGL PG LEFT スプール重量(ベアリング無し)
 

ベアリング抜きで、13.74gです。

シマノ '16メタニウムMGL スプール自重
 

参考までに、’16メタニウムMGLの純正スプールの重量(ベアリング込み)です。

バンタムMGLの方が、やや重たくなっていますね。

欠点は…?

しかしながら、欠点がない訳ではありません。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です