’19 SLX MGLと’19 タトゥーラ TWどっちが良い?メインのルアーウェイトで選ぼう!

スポンサードリンク

シマノの’19 SLX MGLと、ダイワの’19タトゥーラTWは、価格帯もドンピシャでガチのライバル関係です。

両方を同時に使ってみたので、その特徴と選び方をまとめます。

シマノ ’19 SLX MGL VS ダイワ ’19 タトゥーラ TW ガチ比較

シマノ ’19 SLX MGL

シマノ(SHIMANO) リール 19 SLX MGL 70HG 右

シマノ(SHIMANO) リール 19 SLX MGL 70HG 右

16,170円(09/19 10:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

SPEC

モデル 19 SLX 71HG LEFT
ギア比 7.2:1
スプール径 32mm
最大巻上長 72cm
ライン
キャパシティ
12lb-100m
14lb-90m
16
lb-80m
リール重量 195g
ハンドル長 84mm
ベアリング
ボール/ローラー
4/1 

※私のSLX MGLはXG(エクストラハイギア)仕様ですが、分かりやすいようにスペック表はHG(ハイギア)同士の比較とします。

ダイワ ’19タトゥーラTW

ダイワ(DAIWA) ベイトリール タトゥーラ TW 100SH 2019モデル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール タトゥーラ TW 100SH 2019モデル

14,390円(09/19 10:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

SPEC

モデル 19 TATULA TW 100SHL
ギア比 7.1:1
スプール径 34mm
最大巻上長 75cm
ライン
キャパシティ
14lb-115m、16lb-100m
リール重量 195g
ハンドル長 90mm
ベアリング
ボール/ローラー
7 / 1

改めて、シマノ ’19 SLX MGLと、ダイワ ’19タトゥーラTWのスペックや販売価格を比較してみます。

 

大きな違いとしてはスプール径の違いです。SLX MGLが32mm、TATULA TWが34mmです。

SLX MGLの方がスプール径が小さいことで、最大巻き取り長も少し短いですね。

 

ベアリング数がTATULA TWの方が3個多い。2個はハンドルノブベアリング、1個はハンドル軸ベアリングで計3個。

ここはちょっとタトゥーラがお得感アリ。

 

ハンドル長はSLXが84mmで、タトゥーラが90mmのパワフルなロングハンドルが標準装備。

 

自重は全く同じ195g。

大きさ比較

 

ボディの大きさはSLX MGLの方が若干小さい感じですね。

高さ比較

 

ボディの高さ比較。

 

高さはかなり似ています。TATULAの方が、幅が若干ボリューミーな感じですね。

 

クラッチは、どちらも左右対象の形状で、高さも同じぐらい。

触った素材感や切り心地も含め、すごく似てます。

 

そして、ほぼ同じ価格帯ということで、迷われる方はかなり多いのではないでしょうか。

シマノ ’19 SLX MGLのメリット  

32mm径スプールによるレスポンス

左:SLX MGLの32㎜径スプール。 右:一般的なの34㎜径スプール

 

SLX MGLを選ぶ最大の利点は、32mm径の小型スプールがもたらすレスポンスの良いキャストフィールです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です