ロングリーダーPEシステムやってみた。セッティング方法やメリットデメリット。

スポンサードリンク

キャストフィール向上のため、ロングリーダーPEシステムを導入してみました。

ロングリーダーPEセッティングとは

(KenDさんの神記事を超参考にさせていただきました)

「ロングリーダーPEセッティング」は、メインラインにPEラインを使用して、リーダーのフロロカーボンやナイロンラインを3m〜10mほど長めにとるセッティングです。

普通にフロロカーボンやナイロンラインを使う場合と何が違うのか検証してみました。

おすすめPEライン:ヨツアミ オードラゴン 2号

 

まずは、ロングリーダーPEのセッティング方法です。

メインラインは、高比重(比重1.4)のPEライン、ヨツアミのオードラゴン2号を、50mほど巻きました。

(従来のPEラインは比重が0.98)

高比重ラインを選ぶことでフロロやナイロンラインとの使用感の差を縮めることが出来ます。

リーダーの決め方

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 バス 160m 16lb

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 バス 160m 16lb

1,815円(11/19 20:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

リーダーは、普段のセッティングで巻いているフロロやナイロンラインでOKです。

そうすることで、普段の操作感覚に近づけることが出来ます。

サンプルタックルは、撃ちモノ用のNFX C66MHなので、シーガーR18 バス(フロロカーボン)の16lbにしました。

リーダーの長さ

リーダーの長さは、3mから10mほどにします。

ロングにする理由は、2点あります。

 

1つはノット部分のストレスを解消するためです。

リーダーが数メートルで短いと、ルアーを回収しきった時にガイドにノット部があたり、キャスト時に違和感やトラブルの元になります。

ロングリーダーにすることで、キャスト最中にノットが抜けることになり、不思議と違和感が減少します

 

2つめは普段の使用感に近づけるためです。

リーダーを長くすると、伸縮性や沈み具合がフルでナイロンやフロロラインを巻いた時と極めて近くなり、ほぼ違和感はないと言えます。

 

また、長さの微調整は、使用用途によって変えています。

PEラインのメリットである、伸びないことによる感度向上や、操作性向上のメリットを生かしたい場合は、3m〜5mの短めに。

逆に巻きモノなど、バイトを弾いてしまわないように、伸縮性を生かしたい場合は5m〜10mの長めに設定します。

撃ちモノで、岩盤やカバーにPEがスレて切れることを防ぎたい場合も同様に長めです。

ノットはFGノット

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック

3,019円(11/19 20:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

ノットはFGノットで結束します。

私は、第一精工のノットアシスト2.0を使用して、ラクしています。

ラクな上に、初心者でもPEラインの色がしっかり色が濃くなった、正しいFGノットを作り出すことが出来ます。

一番面倒な作業のストレスが大幅に減るのでおすすめです。

非常に理にかなったシステムである

 

なんでこんな面倒くさいセッティングにするかというと、非常に理にかなったシステムだからです。

ロングリーダーとすることで、普段のナイロンやフロロラインを使っている感覚にほぼ近い操作感覚になります。

それでいて、キャスト時に足かせになるスプールに巻きつかれたライン部分を、比重の軽いPEラインにしてあげることでキャストフィールを大幅に向上することができます

ロングリーダーPEのメリット

キャストの気持ち良さが大幅に向上

個人的に、ロングリーダーPEの最大のメリットはキャストフィールの向上です。

フロロやナイロンよりも軽いPEラインとすることで、スプールレスポンスが上がって、キャストフィールが気持ちよくなります。

全然違うリールに生まれ変わるといっても過言ではないですね。

飛距離も伸びるし、ほんと気持ちいいです。

ルアーの操作性や感度の向上

PEラインは、フロロやナイロンラインに比べ、「伸びない」という特徴があります。

それによる操作や感度のダイレクト感の向上は、圧倒的な差です。

ラインがどのぐらい出てるか一目瞭然

 

思わぬ副産物として、ラインがどのぐらい出ているのかほぼ明確に判断できるということが挙げられます。

リーダーの長さを把握できていることと、深度のマーキングがされているPEラインを使うことが前提ではあります。

近距離でピッチングして岩盤を打つ、なんて場合も、自分のルアーがどの水深に居るのか、をしっかりと把握することができます。

これは釣果にも繋がってくる話かと思います。

経済的

PEラインは、フロロカーボンやナイロンラインに比べて耐久性に優れており、半年〜1年ぐらいは余裕で使い続けることが出来ます。

ライン自体の単価は少し高めではありますが、長く使えることを考えると非常にコスパに優れています。

常にフレッシュなラインを使える

また、リーダーをこまめに変えれば、低コストで常にフレッシュなラインを使用することが可能です。

ロングリーダーPEのデメリット

ノットを組む手間が生じる

ノットを組むこと自体の手間が生じることです。

慣れてくれば5分かからないぐらいで結束することが出来るようになりますが、最初はかなり時間がかかります。

ノットが抜けるときの抵抗

ロングリーダーPEシステムにすることで、ノットの抜ける時の抵抗感は驚くほど少なくすることが出来ます。

しかし、全く抵抗感がないわけでなく、ちょっとした引っかかり感を感じることもあります。

サミング時、ノットが指に当たって痛い

サミングした時に、ノットが指先に当たって少し痛いことがあります。

巻き取りした時にノットがどの位置に来るのかにもよるのですが、真ん中あたりに来てしまうと顕著な印象です。

再起不能なライントラブルに陥りやすい

PEラインは特別バックラッシュしやすい訳ではないですが、もし派手なバックラッシュを起こした場合、再起不能な状態になる可能性があります。

まとめ

以上、バス釣りにおける、ロングリーダーPEシステムについてでした。

かなり気持ちいい使用感を得られますので、面倒な「ノット結束」という壁を乗り越えてぜひやってみてください。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です