タックルベリーの買取価格ってどう?高く買い取ってもらうコツ。

スポンサードリンク

タックルベリーで、使っていないロッド5本とリール4台を断捨離してきました。

高価に買い取ってくれる道具と、そうでない道具がありました。

高く買い取ってもらうためのコツをシェアします。

ロッド5本とリール4台を持ち込み。査定やいかに

 

断捨離ということで、しばらく使っていないロッドとリールを売ることにしました。

「タックルベリー 口コミ」 「タックルベリー 査定金額」とかでググった時に、なんらかの参考になれば幸いです。

一瞬オークションも考えたのですが、梱包の手間を考えたら、面倒になってしまい、タックルベリーの持ち込み買取を利用することにしました。

査定結果は以下のようになりました。

・メガバス デストロイヤーF10−76XBJ→1万円

・メガバス オロチXX F4-1/2-70XX→1500円

・ダイワ ブラックレーベルBL+ 7011HRB→1000円

・シマノ エクスプライド172MH→3600円

・シマノ ゾディアス270MH→1200円

・シマノ ’07 メタニウムMg7 LH(1号機)→3000円

・シマノ ’07 メタニウムMg7 LH(2号機)→2500円

・アブガルシア レボLT LH→1800円

・ダイワ 12レガリス2506→800円

買取単価、という欄に記載されている価格はこんな感じ。

それにさらに2%ずつ上乗せされた金額が最終的な買取金額となっています。(多分、会員の特典だと思われます)

予想外の高価買取でした。

たくさん持ち込むと色をつけてくれるぞ

今回のように、たくさんの道具を一度に持っていけば、ほんの少しではありますが、端数分を切り上げてくれたりしてくれる可能性があります。

とはいえ、ここは店舗ごとの方針や、査定してくださったスタッフの裁量に寄るところも大きいので、必ずとは言えませんが^^;

状態のいい道具は高値で買い取ってくれる

今回、高く買い取ってくれた道具と、そうでない道具の差は、「状態」がかなり大きなウェイトを占めていることが分かりました。

 

いや、当たり前っちゃ当たり前なんですけど、少しでも傷が付いていたり、使用感があると一気に買取価格が下がるということです。

逆に、新品に近い状態のものであれば、かなり高価格で買い取ってくれる印象です。

 

メガバスのデストロイヤーF10−76XBJについては、かなり状態が良かったので1万円という高価買取になっていると思います。

とは言え、買取価格が低い「B」とそうでない「B」があるのは謎ですが…

同じ「B」でも割と幅がある、という印象です。

かなり満足いく買取価格になりました

今回持ち込んだロッドやリールは、自分でかなり使い込んだ道具ばかりでした。

なので、売る前は正直、全部合わせて1万円ぐらいになればいいかなあ。なんて思っていたんですよね。

それを考えれば、非常に満足いく買取価格になりました。

まとめ

以上、タックルベリーでの買取を利用してみた話でした。

大切な道具たちを、手間なくドナドナしたい場合、持ち込み買取は有効です。

特にロッドは梱包が非常に面倒なので、メリットが大きいでしょう。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です