カケヅカデザインワークス 新型ボートラダー。仕舞寸法ヨシ。シャロー侵入ヨシ。

スポンサードリンク

カケヅカデザインワークスの新型ボートラダーを試しました。

角パイプ+丸パイプ仕様と、フィンの形状が変更されており、より利便性が高まっていました。

カケヅカデザインワークス 【レンタルボートラダーPROスクエア】

 

カケヅカデザインワークスの【レンタルボートラダーPROスクエア】をお借りしました。

 

モデルチェンジ前の先代を使わせてもらっていたのですが、崖にバックで突っ込んで破損してしまいまして…

 

もちろん、壊れやすいとかそういう意味ではなく、私の扱いが雑すぎなだけです。

また、あまり頑丈すぎてしまっても、ボートを破損してしまうことにもなりかねないので、バランスを考えて作っているのだと思います。

 

壊れた際には無償で修理対応していただけるということで、何回もラダーを書い直す必要がなくなるのはめっちゃありがたい。

周りの友人も含め、ボートラダーを壊してしまうことはかなり頻発しています。シャローにガンガン侵入する場合はなおさらです。

角パイプと丸パイプの組み合わせ

 

新型【レンタルボートラダーPROスクエア】の最大の特徴は、上部が角パイプ、下部が丸パイプの組み合わせになっていること。

それと、フィンのエッジが落とされていることです。

これによって様々なメリットが生まれています。

角パイプ固定で勝手に向きが変わらない

この角パイプと丸パイプの組み合わせになる前は、全て丸パイプ仕様の時期もありました。

すると、ラダーの左右方向の向きが、水圧によって勝手に変わってしまうというデメリットを抱えていたそうです。

それが、角パイプ側で固定することで、向きが変わることがありません。

水の抵抗が少ない

水に突っ込まれる下部が丸パイプになっていることで、水の抵抗が少なくなっています。

正直に言うと、私のように、週末のファンフィッシングをゆるゆる楽しむ場合には、それほど必要ではありません。

しかし、ボートスピードを求めるトーナメンター達にとっては、ほんの少しの抵抗でさえも、ないほうが有利となります。

レーシングスペック的な感じですね(^.^)

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です