ノースフォークコンポジット J CUSTOM2.0 UTR68Hインプレ。がっしりなのにもっちり。

スポンサードリンク

ノースフォークコンポジットJ CUSTOM2.0 UTR68Hのインプレです。

がっしりパワーともっちり操作性で、巻きモノが楽しいヘビーロッドです。

ノースフォークコンポジットJ CUSTOM2.0 UTR68H

 

タックルデータ

Rod:NORTH FORK COMPOSITES J Custom 2.0 UTR68H

Reel:SHIMANO ’16 メタニウムMGL XG

Handle:OFFICE ZPI イナーシャ カーボンハンドル

Stardrag:OFFICE ZPI ペンタグラムスタードラグ

Clatch:KDW  ジュラルミンオフセットクラッチ

 

ノースフォークコンポジットJ CUSTOM2.0 UTR68Hのインプレです。

「J CUSTOM」のJはJAPANの略で、アメリカ製であるノースフォークコンポジットのブランクスを使いつつ、日本のバスフィッシングに最適化してビルドした、という意味だそうです。

UTR(ユーティリティ)シリーズはその名の通り、汎用性の高いモデルです。

スピナーベイト、チャターベイト、スイミングジグなどの横の釣りから、テキサスリグ、ヘビーダウンショット、ジグなどの撃つ釣りまで、主にシングルフック系の釣りを想定。

いわゆる「バーサタイル」という言葉に近い特性だと思います。

ラインナップは、UTR68M、68MH、68H、68XHの4種類。

現行はJ CUSTOM2.1

現行は、J CUSTOM2.1となっており、私のは旧モデルの2.0になります。

ただ細かいデザインの変更のみで、ブランクスは変わっていないそうです。

少し柔らかめのヘビーだよ

 

表記はH(ヘビー)ながら、ノースフォークコンポジットのブランクスは、国産のロッドと比べて、表記に対して、少し柔らかめの設定となっています。

国産ロッドのパワー表記で考えるとMH寄りのHぐらい。

巻き物ファースト

 

ガチガチのジグロッド、これを期待する場合は少し違う感じです。

どちらかと言えば、重た目の巻きモノがベストマッチ。

3/4ozのパワーロールを投げたのですが、超楽しいです。

 

通常、このぐらいの重さの巻きモノをMHぐらいのロッドで投げると、少しだるい感じ、ルアーのパワーに負ける感じがしますが、それが全くない。

キャストもバットパワーで力強く弾き出せてめっちゃ気持ちいいですね。

テキサスやジグもいい感じ

もちろん、ごく普通のテキサスリグも非常に良いマッチングです。

ここはやはりUTR(ユーティリティ)ロッド、であると感じます。

巻きも撃ちも高次元にこなすことが出来ます。

ヘビーな撃ちモノもこなす

ヘビーロッドとしては柔らかめなのですが、不思議と1ozを超えるようなヘビーウェイトな撃ちモノについても、難なくこなすところが不思議です。

ブルフラット4.8インチ(1ozほどあります)+コンツァージグ3/8ozといったヘビー級のメソッドもOK.

これでジグストをやってみたところ、むしろガチガチのジグロッドよりもティップが入る分、自然なアクションが出せる、そんな印象です。

適度にしなやかなため、ロッドでアクションをつける操作性が非常に高いですね。

がっしりなのに、もっちり

とても不思議なブランクスですね。

ガチガチのヘビーロッドと比べても、重たいジグに負けることは一切ありません。H(ヘビー)表記らしいがっしりとしたパワフルさがあります。

それでいて、適度にもっちりとしていて柔らかく追従してくれるため、キャストや操作は1枚上手なんです。

これがノースフォークのブランクスの凄さなのか、と感動できます。

やや高価な印象は否めない

欠点としてはやはり高価な価格でしょうか。

というのも、同じノースフォークコンポジットブランクスを採用したキスラーロッドや、同社のエントリーモデル、NFXシリーズと比べるとかなり高価な価格設定だからです。

とはいえ、Fujiのチタンガイドや、スベスベで気持ちいいコルクストレートのハンドル、丁寧で美しい仕上げなど、価格なりの品質に仕上がっているのは間違いないところなのですが…

もう一声安価ですと助かります(笑)

まとめ

ノースフォークコンポジットJ CUSTOM2.0 UTR68Hについてでした。

ゲイリールーミスの作った素晴らしいブランクスをぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

J CUSTOMが高すぎる、という場合、エントリーモデルのNFXシリーズがあります。

こちらは再生産されるそうなので、気になっている方はぜひ試してみてください。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です