ガーミン魚探の振動子ポール自作。手順や必要なモノまとめ。

スポンサードリンク

ガーミン魚探用の振動子ポール自作

 

ガーミン魚探導入計画!ということで、とりあえず海外通販サイトから無事着弾した、My並行輸入ガーミン、エコーマッププラス93SV.(95SVのマップ違い)

早速、艤装(ぎそう)を進めていきたいと思います。

 

まず用意するべきは、振動子ポールです。しかし、振動子ポールってあまり売ってないんですよね…

そこで、ガーミン魚探用の振動子ポールをアルミ角パイプで自作したので、必要になるアイテムと、作成手順をまとめました。

最初に完成図です

 

最初に完成図です。多分、最初にお見せした方が理解しやすいですよね。

右舷側で使う用で、振動子は後方にせり出します。これを作っていきます。

予算はトータルで6000円ぐらいです!

必要なもの

まずは、振動子ポールを自作するために必要なアイテム一覧です。

正直言って、ちまちまホームセンターで揃えるのはめちゃ面倒臭かったです(汗

ですので、あまり思考せずとも、この通り入手すれば作れるようにしました。

必須

  • アルミ角パイプ(2mm厚×3cm×3cm)
  • RAMマウント菱形ベース(ボールサイズ1.5インチ)
  • RAMダブルソケットアーム(ボールサイズ1.5インチ)
  • コルゲートチューブ
  • ビニールテープ
  • M4ステンレス小ネジ(15mm)×6
  • M4六角ナット × 6
  • M4ステンレスワッシャー × 12
  • 2mm厚アルミ板(7.5cm×6.5cm)

あれば便利

  • 結束バンド
  • ケーブルラップ

アルミ角パイプ

 

アルミ角パイプは、振動子のケーブル類を中通し可能なサイズを選ぶことがポイントです。(2mm厚×3cm×3cm)

長さは、50cm〜60cmぐらい。私は60cmにしました。

必要以上に長いものが販売されていますが、大概のホームセンターで、カットしてくれるはずです。

(色がブロンズなのは、シルバーが品切れだったからやで)

 

参考までに、私のガーミン(エコーマッププラス93SV)の振動子は、GT52 Transducerというモデルで、水温計など全てオールインワンでケーブルは1本。

そのため、問題なく中通し可能です。

 

一方で、HONDEX(HE820-bo)は水温計、400Khz、200Khz、ワイドスキャンのケーブルが全て1本ずつとなっており、計4本。

HONDEXの4本がまとめて通るサイズが、2mm厚×3cm×3cmのアルミ角パイプです。

RAMマウント菱形ベース(ボールサイズ1.5インチ)

 

RAMマウント菱形ベース(ボールサイズ1.5インチ)は、RAMマウントでバウデッキと接続するために必要です。

 

1インチもあるので、お間違いなきよう。

1インチは主に自転車やバイクにスマホなどマウントする用で、魚探用としては対荷重を考慮し、皆様1.5インチを使われております。

RAMダブルソケットアーム(ボールサイズ1.5インチ)

 

菱形ベースに、RAMダブルソケットアーム(ミディアムアーム)を取り付けます。

これでボート側に、ボールサイズが1.5インチのRAMマウントがあれば取り付け可能となります。

コルゲートチューブ

 

コルゲートチューブ(切れ目のあるチューブ)は、振動子のケーブルを角パイプの中通しにする際、保護のため使います。(φ15.3mmを使用)

また、かさばるケーブル類をまとめるのにも便利です。

ビニールテープ

コルゲートチューブの端をまとめるために使用します。

ネジ&ナット&ワッシャー

 

そして、ネジ&ナット&ワッシャー。

 

サイズは、RAMマウント菱形ベースにぴったり合う大きさがM4になります。

錆び対策としてステンレス製をチョイス。

ネジの長さは、今回は1.5センチにしましたが、内部に通したコルゲートチューブに干渉してしまったので、1.2センチがベター。

2mm厚アルミ板(7.5cm×6.5cm)

 

2mm厚のアルミ板は、振動子を角パイプに取り付ける際に使用します。「振動子取り付けプレート」と呼んでおきましょう笑

サイズは、7.5cm×6.5cm。こちらもホームセンターでカットしてもらえるはずです。(穴あけ位置の説明は後ほど)

 

ガーミン魚探のGT52 Transducer(振動子)には、トランサムマウントが付属しているため、それを使って取り付けます。

 

しかし、マウントの真ん中ではなく、左右に取り付け穴があるため、そのままだと角パイプに接続することができません。

 

そのため角パイプとトランサムマウントの間にアルミ板をかまして接続します。

結束バンド&ケーブルラップ

結束バンド&ケーブルラップはケーブル類の取り回しや、まとめるために使用します。

作成手順

ここから作成手順です。

私は、魚探の振動子を右舷側に取り付ける前提で作成しました。

左舷側の場合、穴を開ける位置が変わることに注意してください。

振動子取り付けプレートに穴を開ける

トランサムマウントに接続するための穴

 

最初に、今回のキモである振動子取り付けプレートを作ってしまいましょう。穴を4つ開けます。

私はインパクトドライバーにドリルビットを装着して開けましたが、位置だけマーキングしてホームセンターで開けてもらえばOK。

 

最初に、トランサムマウントを取り付けるための穴を2箇所開けます。(矢印の穴

 

穴の位置は、トランサムマウントの上部と、振動子取り付けプレートの上部をぴったり合わせて決めます。

トランサムマウントの左右の縦長の穴赤い点のあたりにしましょう。

角パイプに接続するための穴

 

次に、角パイプに接続するための穴を開けます。 (矢印の穴

 

上の穴は、トランサムマウントの真ん中に穴が空いているので、そこです。(ネジの頭を逃がすため)

下の穴は、振動子取り付けプレートをトランサムマウントより少し長めの寸法(縦7.5cm)にしてあるので、トランサムマウントの下に開けます。

 

以上で振動子取り付けプレートは完成です。

RAMマウント菱形ベースの取り付け穴を開ける

 

続いて角パイプの処理です。

RAMマウント菱形ベースの取り付け穴を開けます。この段階ではどの面でも大丈夫ですね。

 

直径は、M4のネジが通る穴であればOK。

まだRAMマウント菱形ベースは取り付けないでください。中にケーブルとコルゲートチューブを通す時に、内側にはみ出したネジが邪魔になるからです。

振動子取り付けプレートの取り付け穴を開ける

 

次に、アルミ角パイプに、振動子取り付けプレートの取り付け穴を開けます。

振動子取り付けプレートを角パイプにあてがって、同じ位置に開ければOKです。

 

先ほど空けた、RAMマウント菱形ベースの穴との位置関係は上図で示した通りです。(右舷側で使用する場合)

まだ振動子取り付けプレートと、トランサムマウントは取り付けないでください。

ケーブルを中通しする

 

次に、振動子のケーブルの取り回しです。

 

ケーブルをコルゲートチューブで包み、両端をビニールテープで固定します。コルゲートチューブの長さは1m。

コルゲートチューブを巻いたら、ケーブルをコルゲートチューブごと角パイプの下の穴から通していきます。

完成!

 

通し終えたら、トランサムマウントと振動子取り付けプレート、RAMマウント菱形ベースを本固定し、完成です。

パイプ内のボルトをスパナで押さえる時に、コルゲートチューブがめっちゃ邪魔臭いですが、なんとか無理くりやってみてください。

 

コルゲートチューブが1mだと、角パイプからちょうどいい塩梅ではみ出す長さです。

振動子の向きは、先人達の振動子ポールを拝見したところ、これで合っているハズです。

 

あとは余ったケーブルをケーブルラップで綺麗にまとめて完成です。

なかなかいい感じに仕上がりました✌︎(‘ω’✌︎ )

まとめ

あとは現場で実際に使用して、強度などを確認して追記いたします。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です