[2020ダイワ新製品]’20ルビアスデビュー。ZAIONモノコックが近未来シルエット。

スポンサードリンク

ダイワ ’20ルビアス

 

さて、来週末は待ちに待った釣りフェスティバルの開催です。2020年のダイワ新製品情報がぼちぼちリリースされてきました。

 

中でも、ZAION製のモノコックボディを纏った’20ルビアスが、めっちゃかっこいいですね。

現行モデルは、’15年デビューとかなり古くなっていたため、’20年シーズンにモデルチェンジが期待されていたモデルでしたが、やっぱり出た!

 

カラーリングはガンメタ×ゴールド×シルバーの3色使い。「ルビアス感」は減ったような感じもしますが、高級機種っぽい感じはかなりします。

初のZAION製モノコックボディ

 

最大の注目点は、ZAION製のモノコックボディ。(ZAION素材は、カーボン素材を混ぜ込んだ樹脂素材です。)

サイドプレートレスで、大きなプレートをねじ込んでドライブギアを支持する構造です。

メリット

ダイワHPにも書いてある内容ですが、モノコックボディの特徴をまとめておきます。

  • サイドプレートを留めるネジを廃止することで、従来より大きなドライブギアを搭載している(パワーUP)
  • 剛性感や機密性が向上
  • ギアの支持精度の向上

 

などなど。

個人的にはモノコックボディを搭載したリールを触ったことがないのでアレなのですが、様々なメリットがあるようです。

 

モノコックボディ自体は、すでに’19セルテート(アルミ)や’18イグジスト(マグネシウム)にも搭載されています。

しかし今まではメタルボディのモノコックで、ZAION製のモノコックボディは、’20ルビアスが初搭載とのこと。

 

また、ダイワのモノコックボディは、機能面もさることながら、デザイン面でも新世代スピニングリール感がハンパない。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です