[2020ダイワ新製品]’20ルビアスデビュー。ZAIONモノコックが近未来シルエット。

スポンサードリンク

ダイワ ’20ルビアス

 

さて、来週末は待ちに待った釣りフェスティバルの開催です。2020年のダイワ新製品情報がぼちぼちリリースされてきました。

 

中でも、ZAION製のモノコックボディを纏った’20ルビアスが、めっちゃかっこいいですね。

現行モデルは、’15年デビューとかなり古くなっていたため、’20年シーズンにモデルチェンジが期待されていたモデルでしたが、やっぱり出た!

 

カラーリングはガンメタ×ゴールド×シルバーの3色使い。「ルビアス感」は減ったような感じもしますが、高級機種っぽい感じはかなりします。

初のZAION製モノコックボディ

 

最大の注目点は、ZAION製のモノコックボディ。(ZAION素材は、カーボン素材を混ぜ込んだ樹脂素材です。)

サイドプレートレスで、大きなプレートをねじ込んでドライブギアを支持する構造です。

メリット

ダイワHPにも書いてある内容ですが、モノコックボディの特徴をまとめておきます。

  • サイドプレートを留めるネジを廃止することで、従来より大きなドライブギアを搭載している(パワーUP)
  • 剛性感や機密性が向上
  • ギアの支持精度の向上

 

などなど。

個人的にはモノコックボディを搭載したリールを触ったことがないのでアレなのですが、様々なメリットがあるようです。

 

モノコックボディ自体は、すでに’19セルテート(アルミ)や’18イグジスト(マグネシウム)にも搭載されています。

しかし今まではメタルボディのモノコックで、ZAION製のモノコックボディは、’20ルビアスが初搭載とのこと。

 

また、ダイワのモノコックボディは、機能面もさることながら、デザイン面でも新世代スピニングリール感がハンパない。

超軽量

ZAION製モノコックボディはそれに加えて大幅な軽量化を実現し、自重はFC LT2000Sで150g。めっちゃ軽いですね。

一方で、フラッグシップ機である’18イグジストがFC LT2000Sの自重は155g。

実売価格はイグジストの半分以下になるはずですが、ルビアスの方が軽いのです。

これは、ZAION素材ならではのメリットですね。

大口径タフデジギア搭載

 

タフデジギアと呼ばれる、冷間鍛造+マシンカットという加工技術で作られたギアを採用。

しかも、モノコックボディ化によってめっちゃ口径がデカイ。

軽量なZAION製モノコックボディ+極限までデカくしたタフネスギアを封入したモデルが、新しい’20ルビアス、という認識で良さそうです。

他機能

 

その他にも、

  • 磁性体オイルで水分の侵入を防ぐマグシールド
  • スムーズなライン放出で飛距離UPするロングキャストABS
  • 細糸から太糸まで対応するパーフェクトラインストッパー

などの機能を採用しています。

モノコックボディが徐々に浸透している

さらに、モノコックボディがイグジスト→セルテート→ルビアスと徐々に価格帯の低いモデルへと搭載されていることも見逃せないポイントです。

そのうち2万円代ぐらいのリールにも搭載されるんかな。

まとめ

以上、注目度の高い、ダイワ ’20ルビアスについてでした。

昔、’12ルビアスを使っていたのですが、その頃のスピニングリールとは隔世の感がすごいですね。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です