ダイワ ’20TATULA SV TW登場。超本命ミドルクラス。

スポンサードリンク

’20TATULA SV TW登場。

 

ダイワから、’20TATULA SV TWの情報がリリースされました。

’19 TATULA TWベースのニューモデルという認識で良さそうです。

 

同じネーミングの、’17TATULA SV TWの後継モデルという認識で良いのでしょうか。。それとも、併売していくのかな。

 

2019年12月発売ということで、2020年の新製品ではなく、なぜか2019年ラストを飾るモデルとして登場しています。

デザイン

ほぼスティーズライクなデザイン?

 

男前でかっこいいですな。サムレスト部分の「D」マークも目を引きます。

 

 

写真は、’16スティーズSV TW。スティーズに似たデザインが目を引きますよね。

…と思いましたが、こうして並べてみると割と違うかも。

タランチュラマークは継承

 

 ’19TATULA TWで賛否両論?だったタランチュラマークはしっかり継承されています。

というか、メカニカルブレーキキャップのタランチュラはむしろ白くなっていて、がっつり目立たせてきた感じもします(笑)

’19TATULA TWはシルバー

 

 

’19TATULA TWは、シルバーでした。もう、タランチュラを受け入れましょう。

塗装

 

塗装は、 ’17TATULA SV TWにも採用されていた、光輝塗装、と呼ばれる塗装です。

‘19TATULA TWはマットブラックの素地仕上げ?的な感じでしたので、高級感がUPしています。

 

また、スタードラグの質感も、’19TATULA TWは超プラスチッキーでチープでしたが、ちゃんと塗装されている感じですね。

特徴

SLX MGLを意識?したφ32mm径のSVスプール

 

最大の特徴は、φ32mm径のSVスプールを搭載してきたことでしょう。

 

シマノの’19SLX MGLが、32mm径のやや小径のスプールを採用しています。(もっとも多くの機種で採用されているのは、34mm径のスプールになります。)

そして、そのキャストフィールが、エントリーグレードのリールとしては非常に良い感じなんですよね。

 

SLX MGLをライバル視してきたのかもしれないですね。

ただし、SLX MGLはもうワンランク安い価格帯ですので、直接ライバルではないですが。

ハンドル長は85mm

 

ハンドル長さは、85mm

ベースモデルの’19TATULA TWは90mmのパワーハンドルを装備していたので、若干短めのハンドル長となっています。

32mm径の小径SVスプールの性格にあわせてきた、という感じでしょう。

’19TATULA TWユーザー涙目?

おそらく、ものすごくざっくり言えば、’19TATULA TWに、φ32mm径のSVスプールを搭載したリール、という認識で良いはずです。

’19TATULA TWユーザー涙目な仕様ですよね。

 

ここんところ、’19TATULA TWに課金しまくっていたのですが、まさかのSVスプール仕様がリリースされるとは…

正直辛いです(笑)

 

とは言え、定価は5000円ちょい違いますし、TATULA TWはガシガシラフに使い込む感じで使い分けていこうと思います。

2019年12月発売

2019年12月発売なので、もう来月すぐ発売なんですね!

情報開示から、販売開始までタイムラグがないことで、初期の販売台数に弾みがつくということなのでしょうか??

リテーナーがちょっと野暮ったい?

 

買ってもいないリールに文句をつけるのはいかがなものかと思いますが、リテーナーがちょっと野暮ったい気がします。

 

AvailハンドルSTi2KDWチタンロックナットでこんな感じに仕上げたいですな。

まとめ

以上、超本命ミドルクラスリール、’20TATULA SV TWについてでした。

とりあえず買っちゃうやつですな、これは。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です