’19タトゥーラ TW SLPWORKS ナロースプール インプレ。SVスプールと純正スプールの中間。

スポンサードリンク

’19タトゥーラ TW用のSLP WORKS製ナロースプールのインプレです。

純正よりも軽量な素材を使用し、SVスプールと純正スプールの間の自重です。

その使用感やいかに。

タトゥーラ100 SLP WORKS NARROWスプール

左)SLP WORKS ナロースプール 右)’19 タトゥーラ TW 純正スプール

 
  • ラインキャパは純正と全く同じ、14lb-115m、16lb-100m
  • 形状はスプールの穴空け部分以外、純正と全く同じ
  • 超々ジュラルミン製で、純正よりも軽量(純正は、高強度アルミ製マグフォースZスプール)
  • カスタムスプールとしては安価な価格設定

 

SLP WORKS(ダイワのリールカスタム部門)からリリースされている、’19TATULA TWに対応したカスタムスプールです。

タトゥーラCT TYPE-Rにも対応。

TATULA 100、TATULA SV、TATULA HDカスタムは非対応なのでお間違いなきよう。

 

 

NARROWスプール(ナロースプール)という製品名ですが、穴空け加工以外は、純正と全く同じ形状です。

もともと、’19タトゥーラTWが採用しているスプールがナロースプール、という意味だと思われます。

 

しかしこの製品名は、「純正と比べてナロー」というような誤解を招くような気がします。

「超々ジュラルミンカスタムスプール」とかの方が良いような…

カスタム心をくすぐるSLP WORKSの刻印

スプールの側面に、製品名、SLP WORKSのロゴ、ラインキャパが記載されています。 

純正スプールは何も記載がありません。

カスタム心をくすぐるカッコ良さがありますね(・∀・) 

 
 

それと、超余談ですが、回転させるとニュルッとせり出すケースが無駄にカッコいいです(笑)

自重

TATULA/タトゥーラ 100 NARROWスプール 自重

 

’19タトゥーラ TW純正スプール

 

純正より1gほど軽量、という公式アナウンスですが、実際に測ってみると、2g以上軽くなっていますね。

(測りが割とファジーなので、ざっくりとした数値と思ってください。)

 

参考までに、’17TATULA SV TWの純正SVスプールの自重です。

’17TATULA SV TWはスプール径が33mm(’19TATULA TWは34mm)なので、ちょっとずるいですが、やはりSVスプールは軽い。

今回ご紹介するタトゥーラTW 100用NARROWスプールは、自重から考慮すると、’19TATULA TW純正スプールと、SVスプールの間ぐらいの性能が期待出来そうです。

インプレ

 

ドブ川シーバスアタックで、みっちり投げ込んできました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です