色々試してわかった、質の良い社外ベイトリール用ハンドルの条件。

スポンサードリンク

特に優れていると感じた社外ハンドルは共通する条件がありました。

様々な社外ハンドル

 

リールカスタムにハマってから、はや半年ほど。人柱となって、いろんなカスタムハンドルを試してみました。

もちろん、全てのハンドルについて自分のお小遣いから捻出し、手に入れています。

 

やっぱり身銭を切ったお買い物ということや、しがらみのない自由なインプレッションを書けることが個人ブロガーの強みだと勝手に思っています。

散財しまくった結果、良い社外ハンドルには、共通するメリットがあると感じています。

ベイトリールのハンドル交換のメリット

 

ベイトリールのハンドル交換は、いろんな効果をもたらしてくれます。

まず、見た目がかっこよくなってテンションが上がりますよね。

 

また、いろんな長さのハンドルがリリースされているので、巻きの感度やトルクの調整が出来たりします。

長さと、感度、トルクの関連についてはこちらの記事にまとめています。

 

リールカスタムにハマる前は、純正こそ至高である、と考えていましたが、釣りのスタイルによっては純正を上回る使用感に出来ます。

質のいいハンドルとは何か。

いろんな社外ハンドルを試してみた結果、良い社外ハンドルとは何か、というところが少し見えてきたような気がします。

・上質な作りである

・ハンドル軸に固定した時に、ブレない取り付けが出来る

・強度がしっかりしている

・取り付けが簡単である

・壊れやすい部分がない

・純正よりも良い

 

この辺を満たすハンドルが良いハンドルだと感じます。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です