[2020新製品]ダイワ スティーズAIR TW。超小径φ28mmスプール!予想外のスペックに驚愕。

スポンサードリンク

 

ダイワ ’20スティーズAIR TW

 

ダイワのHPでシレッと2020年NEWモデル、スティーズAIR TWが発表されていました。

興奮を隠しきれないスペックで登場しています。詳細を確認していきます。

やっぱりあった新世代ベイトフィネスフラッグシップ

ダイワのベイトフィネス フラッグシップ機は長いこと、2012年デビューのT3 AIRが担っていました。

そしてその後、T3 AIRの技術を採用する形で、’14年にSS AIR、’16年にアルファスAIR、といった廉価モデルが次々に投入。

ベイトフィネスリールのラインナップの充実を図ってきました。

 

そして、’18年に投入された、CT SVシリーズ。

純粋たるベイトフィネス機ではないものの、ほぼベイトフィネス並みのフィネス性能を誇るシリーズです。

 

つまりダイワは、だいたい2年ごとになんらかのフィネス機をリリースしているわけですね。

 

ここ1〜2年はフラッグシップモデルであるT3 AIRが販売を終えて、フラッグシップベイトフィネス機種が不在となっていました。

2020年にそろそろ来るだろう、と思っていたのですが、やっぱりキタ!

超小径28mmG1ジュラルミン製AIRスプール!

まさかのφ28mmという、超小径G1ジュラルミン製AIRスプールを搭載。

 

CT SVシリーズのφ30mm径スプールでも、すでにめっちゃ小さい感あったのですが、さらに直径が小さいスプールを搭載してきました。

メーカーの隠し球って、ユーザーの予想をはるかに超えたとこにありますな。すごいメーカーです、ダイワさん。

 

流石に小さすぎないだろうか、という感じがありますが、技術的にクリアできる何かブレイクスルーがあったのでしょう。

やばいぐらいのレスポンスに期待ですね。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です