[2020NEW]ダイワから新バスロッドREBELLION(リベリオン)爆誕。

スポンサードリンク

 ダイワ リベリオン

ダイワから2020年モデルの新シリーズバスロッド、REBELLION(リベリオン)が発表されました。

ダイワのYouTubeチャンネル、「プロジェクトT 2020」に動画がアップロードされています。

ダイワグローバルブランドサイトに特設ページもできました。

ダイワエントリー〜ミドルクラス比較

  クロノス リベリオン エアエッジ
X45
ブレーディングX
エアセンサー ● 
メガトップ
 価格帯(定価) 16,700〜
18,300 
 多分中間ぐらい 23,500〜29,100 

※▲は、ソリッドティップの一部モデルのみ

イメージとしては、多分クロノスとエアエッジの中間ぐらい低〜中価格帯に位置するモデルになるかと思われます。(ただの予想です!)

 

ブランクにはダイワロッドのエントリー〜ミドルクラスにもれなく搭載されているX45ブレーディングXが採用。

 

それに加えて、リールシートに感度重視の「エアセンサー」が搭載されているのがトピックです。

エントリーモデルのクロノスと比べ、エアセンサーシートやメガトップといった技術が上乗せされている分、ややクロノスより高くなるはず。

※追記

メガトップは、クロノスの一部モデルにも採用されていました。失礼しました。

 

一方で、まだ実物を拝見したわけではないのでなんとも言えないですが、EVAグリップや全体の質感などから、多分エアエッジほどのランクでは無さそうです。

 

また、ブラックレーベルシリーズやスティーズシリーズなどミドル〜ハイエンドクラスに搭載されている、3DX(ハニカム形状のカーボンシート)などは未搭載

動画内で’19TATULA TWと組み合わせている

 

動画を参照すると、’19TATULA TWと組み合わせていることからも、少なくともハイエンドモデルでは無さそうだな、ということが分かりますね。

 

スピニングリールもTATULAと組み合わせていますd(^_^o)

何かの後継モデル?

クロノスが2018年デビュー、エアエッジは2017年デビューということで、どちらかの後継モデルという感じではなさそうです。

あまりにも個性的なデザインですし、全く新しいシリーズとして追加されるモデル、という位置付けでしょう。

オレンジ色

カラーリングは、合わせるリールを選びがち?なオレンジ基調ということで、やや個性派ですね。

’19アルファスCT SVを合わせたらめっちゃ似合いそう(^.^)

まとめ

以上、ダイワの2020新製品、リベリオンについてでした。

エントリー〜ミドルクラスのカテゴリーが充実するのは、消費者としては嬉しいことですよね!

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です